2013年05月31日

2.21リジェクト顛末記2−ストアアプリにしてSakuttoBookを審査に通す

 iBookstoreがアメリカで始まったのは2010年4月。アメリカでのブックアプリはこのときから2.21リジェクトに見舞われた。アメリカのApp Storeでは単純なアプリは審査が通らなくなった。ただし実際にはリジェクトが本格的になったのは翌2011年2月からである。その後審査に通ったブックアプリを見ていけば、審査に通るブックアプリが見えてくるはずだ。

 2011年2月から始まったブックアプリリジェクトは日本にも影響した。それまで開発者が複数のアプリを申請してもたいていは審査に通っていたが、それ以降はある程度の申請数でリジェクトされるようになった。リジェクト理由は2.20のDevelopers "spamming"であった。日本ではiBookstoreは開始されていなかったので、2.21リジェクトではリジェクトできなかったのである。(iBookstoreがローンチしていない)日本では2.21が適用できないための暫定的な措置であることは明らかだった。


つづきはこちらから

 


posted by 上高地 仁 at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

2.21リジェクト顛末記1−SakuttoBookが審査に通るまで

 2013年3月5日に日本でiBookstoreが始まり、その日を境にしてアメリカと同じように単体のブックアプリがリジェクトされるようになった。SakuttoBookも例外でなく、ことごとく審査に落ちた。このままではSakuttoBookは死んでしまうではないか。審査に通す方法を模索する日々が始まった。SakuttoBookユーザーのご協力を得ながら、やっと自社アプリを申請して通すことができるようなった。

 ブックアプリを通す方法を結論から言うと、

・ビューワーアプリ(あるいはストアアプリ)
・サーバダウンロード

が条件である。トリビア系のアプリのようにテーブルでディレクトリを重ねてコンテンツを細切れのカード型にすると通る可能性はあるが、一般的な電子書籍としては、上記の方法しかなさそうだ。今回は自前のコンテンツを複数揃えるのが難しくなったので青空文庫のコンテンツを使用した。昨年著作権が切れた吉川英治氏の「宮本武蔵」をPDF化してコンテンツを揃えた。そして審査に通ったのが

◆JIPPO BOOKS(十方ブックス)
https://itunes.apple.com/jp/app/jippo-books-shi-fangbukkusu/id631021450?&mt=8

である。

 SakuttoBookは今回のバージョンで、コンテンツのサーバダウンロードに対応し、iPhone 5用のレイアウトにも対応した。マーカー機能を追加して、サーバコンテンツの組み方向を個別に指定できるようになった。

つづきはこちらから

 
 
posted by 上高地 仁 at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。