iOS用の「Adobe Reader」PDFリンクやページリンクにやっと対応



 「Adobe Reader」が2012年4月10日にアップデートした。10.2.0(58582)というバージョンである。メインの機能追加は「電子署名機能Adobe EchoSignでのサインが、タッチスクリーン上を指でなぞることで手書きでできる」ことだが、このバージョンアップでiOS版のAdobe ReaderはPDFビューワーとしてやっと一人前になった。

 続きはこちらからご覧下さい

posted by 上高地 仁 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースリリース



フォントワークスLETS新書体とLeopard 対応状況



 フォントワークスさんから、LETS会員向け2007年度の新書体の案内と、Leopard 対応状況についてのニュースリリースをいただきました。筑紫明朝5書体をAdobe Japan 1-5仕様に対応するようです。また、万葉とニューシネマという書体が追加になるようです。
 Leopard 対応状況については、特に注意すべきことはないようです。CIDOTFのみが対応していて、OCF外字マスターは不可。プリンタフォントのインストールは、10.4のClassic環境からは可能のようです。詳しくは下記を御覧下さい。



==================================
 1.【新書体情報】LETS会員向け2007年度の新書体をリリース
 
 2.【サポート情報】Mac OS X 10.5 Leopard 対応状況
==================================

■■■
■■  1.【新書体情報】LETS会員向け2007年度の新書体をリリース
■ □━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 株式会社フォントワークスジャパン(福岡県福岡市中央区)は、フォント
 環境サポートプログラム『LETS』の会員の皆様に向けて、2007年度 新書
 体・7書体およびAdobe Japan 1-5仕様の筑紫明朝6書体をリリース、配布
 を開始いたしました。

 2007年度の新書体は、様々な場面で使用されている「筑紫明朝」から3ウ
 エイトB/E/Hと、ユーザー様からの厚いご要望にお応えして筆書系書体
 「万葉行書-E」「万葉草書-E」を、そして映画字幕タイトルライター
 佐藤英夫氏デザインの字幕書体「ニューシネマA-D」「ニューシネマB-D」
 の合計7書体です。
 また、Adobe Japan 1-5文字セットに準拠したOpenTypeフォント6書体「筑
 紫明朝Pr5-L/R/M/D/LB/RB」もあわせてリリースいたします。

 今回は行書体、草書体、字幕書体などの新たなバリエーションが加わり、
 より一層充実したラインナップになりました。
 2002年のLETSスタート時から毎年新書体をリリースし続け、フォントワー
 クスLETSの提供書体は、OpenType179書体、CID173書体、OCF117書体を数
 えます。
 今後とも末永くご愛用いただけますようお願い申し上げます。

 ▼このニュースの詳細はこちらをご覧ください
  http://www.fontworks.co.jp/new/news/2007/071220.html

 ------------------------------------------------------------------
 ◇ 2007年度 新書体 ◇
 ------------------------------------------------------------------

 【筑紫書体】
  筑紫明朝-L/R/M/D/LB/RB〈Adobe Japan 1-5仕様〉
  筑紫明朝-B/E/H
 【ベイシックシリーズ】
  万葉行書-E
  万葉草書-E
 【デザインクラブ】
  ニューシネマA-D
  ニューシネマB-D

 ▼書体見本はこちらをご覧ください
  http://www.fontworks.co.jp/new/sinsyotai/index.html

 ▼特別企画:ニューシネマリリース記念対談「映画字幕書体を語る」
  http://www.fontworks.co.jp/typography/designer/satoh_taidan.html

  デザイナー/佐藤英夫氏、ワーナーエンターテイメントジャパン/小川氏、
  シネマ夢倶楽部/秋山氏の3者による対談形式で、字幕書体の歴史と魅力
  について語っていただきました。また、映画字幕翻訳家/戸田奈津子氏
  からいただいたコメントも掲載しています。

 ------------------------------------------------------------------
 ◇ 必要システム構成 ◇
 ------------------------------------------------------------------

 【Macintosh版】
 ・対応OSバージョン(CIDフォント):
   漢字Talk 7.5以上/Mac OS X 10.1以上
 ・対応OSバージョン(OpenTypeフォント):
   Mac OS 8.6以上/Mac OS X 10.1以上
 ・IntelプロセッサまたはPowerPCプロセッサ搭載のMacintosh
 ・CD-ROMドライブ
  ほか、各LETSデータCDパッケージに記載

 【Windows版】
 ・対応OSバージョン(OpenTypeフォント):
   2000 Professional/XP Home/XP Professional/Vista
 ・Pentiumプロセッサ搭載のPC
 ・CD-ROMドライブ
  ほか、各LETSデータCDパッケージに記載

 ------------------------------------------------------------------
 ◇ 出荷日・提供方法 ◇
 ------------------------------------------------------------------

 2007年12月19日より出荷を開始いたします。
 LETS会員登録されているご住所へ直接お届けいたします(ペリカン便)。
 また、12月以降に新規ご契約をいただいたお客様、および現在お申込手続
 き中のお客様につきましては、12月17日弊社出荷分より新書体を含む製品
 を納品させていただきます(ヤマトメール便または日本郵便 EXPACK500に
 て別送)。

 ------------------------------------------------------------------
 ◇ 価格など ◇
 ------------------------------------------------------------------

 価格はLETSの年会費に含まれていますので、追加料金は発生しません。
 (新書体は、LETS年会費によって計画的に開発されています。)


 ------------------------------------------------------------------
 ◇ ご注意 ◇
 ------------------------------------------------------------------

 ・新書体はご契約いただいているPC台数(オプション契約のプリンタ台数)
  にインストールしてご利用いただけます。
 ・インストールには、インストーラCDおよびライセンス証書に記載されて
  いるLETSインストールキーが必要です。


■■■
■■  2.【サポート情報】Mac OS X 10.5 Leopard 対応状況
■ □━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 [Mac OS X 10.5 Leopard]におけるフォントワークス製品の対応状況に
 ついて掲載しています。

 ▼詳細はこちらをご覧ください
  http://www.fontworks.co.jp/support/taiou/osx105.html


--------------------------------------------------------------------
 ■□ フォントワークス製品、LETSに関するお問い合せ □■
--------------------------------------------------------------------

【製品およびLETSに関するお問い合わせ】
 株式会社フォントワークスジャパン
 サポートセンター
 Tel 0120-780241(フリーダイヤル)/ 092-722-4760
 Fax 092-722-5445
 E-mail info@fontworks.co.jp


posted by 上高地 仁 at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースリリース





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。