2008年03月13日

ビックドライブ対応のPCIカードを増設する

 サーバのハードディスク容量が少なくなってきたので、ハードディスクの増設を行うことにした。DTP用のサーバ容量はそれほど要らないが、動画などをサーバに置いておくと、ハードディスクがあっという間にいっぱいになってしまう。
 最初、サーバにあるATAカードにハードディスクを増設したが、ATAカードが古いのでビックドライブに対応していなかった。250GBのハードディスクを接続して初期化すると、たったの120GBしか認識しないのである。ビックドライブに対応していなくても、上限の137GBというわけではないらしい(137GBでイニシャライズして120GBになったのかもしれないが)。
 とりあえずそのまま使っていたが、とうとうそのハードディスクがいっぱいになってしまった。ハードディスクをもう一台増設する前に、ビックドライブ対応のATAカードを使うことにした。Windows用のATAカードであれば、二三千円もあればおつりが来るが、Macintosh用と明記されたものはほとんど見あたらない。
 ヨドバシカメラの店頭で見つけたものは、なんと二万円もした。ハードウェアでのRAID機能がついているので、高いのは仕方がないが、Windows版と比べてこの価格差はいかがなものか。もっと安いものがあるはずだと思い、もう少し探すことにした。RAIDのような機能がなければ、Windows用のATAカードでも使えそうな気はするが、こればかりはやってみないとわからないし、使えなくても、返品できそうにない。
 秋葉館のページを探すと「AEC-6280M/J」というATAカードが販売されていた。値段は

8,800円プラス送料

だった。秋葉館まで買いにいくことはできないので、これを買うしかないと思っていた。手元にある2つのATAカードも、同じメーカ製のものなので、信頼性を危ぶむことはなさそうだ。
 そう思っていたところ、日本橋のソフマップで探したら、

PCI to Serial ATA/ATA Combo Card For Mac

という製品を見つけた。デンノー製である。

MSATA-13UMAC.gif

 「AEC-6280M/J」はパラレルATAのスロットが2つ付いているが、「PCI to Serial ATA/ATA Combo Card For Mac」はATAが1つだが、シリアルATAのスロットが2つある。将来的に考えると、シリアルATAのハードディスクの方が安くなるかも知れないので、両方付いている方がいい。値段も「AEC-6280M/J」より安価だった。
 サーバにしているG4にセットしようと思ったが、G4にはすでに4つのハードディスクが付いていた。ATAカードを追加して、新しいハードディスクをイニシャライズし、120GBしか認識しないハードディスクのデータをコピーする。そして古いATAカードに接続している250MBのハードディスクを、「PCI to Serial ATA/ATA Combo Card For Mac」に接続しイニシャライズすれば、250MBとして利用できる(初期化すると233MBくらい)。
 とおもったが、サーバのG4にさらにハードディスクを追加して、内蔵ハードディスクを5つにすると、筐体内部の熱が限界を超えてしまう可能性がある。以前、内蔵ハードディスクを積み込みすぎて、ハードディスクがお釈迦になったことがあるのだ。
 「PCI to Serial ATA/ATA Combo Card For Mac」のATAのスロットは1つしかないので、1つのスロットで2つのハードディスクを接続する場合、マスターとスレーブの両方を使うしかない。となると、2つのハードディスクを重ねて配置しなくてはならないが、G4の構造上、ハードディスクを上下に並べることができるのは、基本的にデフォルトの起動ディスクが置かれている右側のトレイのみである。
 二連装のハードディスクトレイをもう1つ用意すれば、起動ディスク以外にハードディスクを縦に並べることができる。しかし、実際に入れてみると、かなり無理があった。パラレルのケーブルをもっと長いものに変更すれば、マスターとスレーブの2台を並べることは可能だが、起動ディスクのトレイを使う以外で、G4でATAのハードディスクを2台組み込む場合、スロットが2つある「AEC-6280M/J」を使う方が確実のようだ。
 仕方がないので、サーバのG4にセットするのはあきらめ、もう1台のG4のPCIカードスロットに組み込んだ。次に内蔵ハードディスクを買うときは、シリアルATAのハードディスクを買うことにしよう。まあでも、今回もパラレルのATAハードディスクではなく、シリアルATAのハードディスクを買っておければ、ケーブルに悩まされることはなかった。パラレルもシリアルもバルク品だと、250MBで五千円以下なんである。




ラベル:ATAカード
posted by 上高地 仁 at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

簡単に増設改造ができるFireWire、USB2.0ポート搭載、拡張PCIカード
Excerpt: 簡単に増設ができるFireWire、USB2.0ポート搭載、拡張PCIカード入荷 Lacie FireWire400&800/USB2.0 PCI Card ¥6,480 Lacie FireWi..
Weblog: マック改造ブログ!
Tracked: 2008-12-29 08:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。