『超薬アスピリン』アスピリンは安全?



超薬アスピリン―スーパードラッグへの道 (平凡社新書)


 アスピリンという薬の名前はよく聞きますが、実際に「どんな薬?」と聞かれても、よくわからないということで、本書を読んでみました。なるほど、『超薬アスピリン』を読むと、アスピリンがいかに優れた薬なのかが詳しく解説されています。
 分類するとアスピリンは「非ステロイド性抗炎症薬」と呼ばれる薬のハシリです。薬として使われるようになってから、もう百年も立つという古株です。「抗炎症薬」というのは、要するに痛み止めです。患部の一部が傷ついたりすると、患部を修復したり免疫機能が働いたりするので、炎症が発生します。発熱したり痛みが生じたりするのです。その痛みを止めるものが抗炎症薬です。ステロイド、つまり副腎皮質ホルモンを使った抗炎症薬は、副作用がきついので、それと峻別するために、あえて「非ステロイド性」として分類しています。
 僕はあまり痛み止めの薬を貰うことはありませんが、虫歯の手術をしたときは、「ロキソニン」を飲んでいました。ロキソニンも、アスピリンと同じような「非ステロイド性抗炎症薬」の一つです。アスピリンなどの「非ステロイド性抗炎症薬」が痛みを抑える(鎮痛)のは、炎症したときに分泌されるプロスタグランジンを阻害するためです。
 それで、アスピリンとロキソニンでは何が違うのかというと、薬価が全く異なります。アスピリン1錠の薬価は6円40銭ですが、ロキソニンの薬価は112円20銭だそうです。しかも、アスピリンは「バファリン」とか「バイアスピリン」などという商品名で、普通のドラッグストアでも買うことができます。
 さらに、アスピリンが優れているのは、鎮痛作用だけでなく、梗塞や血栓で起こる病気にも効きます。これは、アスピリンが血液中の血小板が凝固する性質を阻害するため、体内で血液が固まって血管を塞いだり破裂させることが少なくなるからです。血栓ができやすくなったら、少量のアスピリンを飲んでおくと予防にもなるようです。
 またアスピリンは、がんやアルツハイマーにも効くらしいということがあります。こちらの方は、まだまだ認知されていないようですが、アスピリンを飲んでいると、大腸がんなどで新しいポリープが発生しないという実験結果もあるようです。アルツハイマーも、定期的に摂取していると発生率が六分の一という研究結果もあるようです。
 若いうちは不要でしょうが、年をとって血液の循環が鈍くなると、定期的に少量のアスピリンを飲むのは予防的にはいいのかもしれません。
 もっともそうはいっても、副作用もあります。「非ステロイド性抗炎症薬」全般に言えることですが、胃腸障害を起こしやすいようです。たいてい「非ステロイド性抗炎症薬」を処方されるとき、胃薬も合わせて貰うのはそのためです。ですから、アスピリンが合うかあわないのかは、体質もあるのでしょう。本書では他にも副作用の実例が書かれています。体内でさまざまに働くプロスタグランジンを阻害すると、いろいろと副作用がありそうですが、一般的には摂取量が少なければ、抗血小板薬としては、副作用は小さいようです。アメリカではアスピリンの副作用報告が多いようですが、たいていは摂取過剰が原因のようです。
 安価で消炎以外の効果があるアスピリンは、うまく使えば、たしかに「超薬」なのかもしれません。本書は、アスピリンだけでなく、痛み止めとして処方される「非ステロイド性抗炎症薬」の仕組みを知る上で、わかりやすい本でした。少しトゲの多いが玉に瑕ですけどね。
 なお、この本に書かれている205円ルールは今はなくなりました






posted by 上高地 仁 at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | みだれうち読書ノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。