ヘアラインの置き換えはどのようにして使い分ける?:Acrobat 8 Pro印刷工程ツールの謎



 ヘアラインというのは、「印刷可能な最も細い線のこと」を言うそうです。この場合の印刷可能な線とは、プリンタで印刷したとき、最小デバイスピクセルで出力される線のことでしょう。日本語で言うと「極細線」ということですね。もっとも印刷業界では、データ上は線として表示されても、オフセット印刷すると再現できない線を、ヘアラインということがあります。
  一番やっかいなのは、「1デバイスピクセル」と呼ばれる線です。Illustratorで作成した塗り設定のみの線がそれです。この線は出力機解像度に合わせて、最小ドットで線を作成します。つまり、600 dpiのプリンタでは、「0.042 mm」で十分視認でるのですが、2400 dpiでは「0.0106 mm」となり、印刷できても人間の目ではほとんどわかりません。真ん中の1200 dpiだと、アンチエイリアスのかかったようにぼけた幽霊のような線で印刷されます。
 Acrobatでは、7.0の印刷工程ツールに[ヘアラインの修正]という機能がつきました。これで、細い線を太い線に置き換えることが可能になりました。通常、墨ベタの線は、0.1 mmの表罫程度に置き換えれば十分です。Illustratorの塗り設定のみの「1デバイスピクセル」の線も変換できます。
 ちなみに、InDesignでは同じように塗り設定のみの設定は、PDF保存してもデータに一切反映されません。IllustratorCS3になっても、同じように1デバイスピクセルになるので、IllustratorとInDesignではベジェの記述方法が全く異なっているのかもしれませんね。
 印刷工程ツールの[ヘアラインの修正]には、アキレス腱があります。実はヘアラインを修正するには、機能としては十分ではないのです。レイアウトデータの中にあるヘアラインは、墨ベタの線だけとは限らないのです。細い細いかけ合わせの線も指定されることがあるのです。

NZ01-04.gif
 
 ↓
 
NZ01-05.gif
 
 ↓
 
NZ01-06.gif
*[ヘアラインの修正]では墨ベタもかけ合わせも同じように処理されます。墨ベタとかけ合わせを別々に置き換えることはできません。

 製版の時代でも、経験の浅いデザイナーが、0.1 mmの表罫に「C30Y50」などかけ合わせを指定することがありましたね。さすがに0.1 mmでは網点を貼り込むことはできませんので、製版の現場から突っ返されますが、DTPでは指定することは簡単です。プリンタでそれなりに見えることもあるでしょう。
 Acrobat 8 Proの[ヘアラインの修正]では、こうしたかけ合わせや網点指定のヘアラインを個別に指定することはできません。[ヘアラインの修正]では指定した線幅以下のすべての線を置き換えることしかできません。線の種類や属性に合わせて、使い分けて置き換えるということができないのです。
 どうしても、かけ合わせの線を別に指定したい場合は、Acrobat 8 Proの印刷工程ツールはあきらめて下さい。それができるのはPitStopのアクション機能です。

 さて、それではAcrobat 8 Proでは、墨ベタとかけ合わせの線幅を使い分けて加工できないのでしょうか。Acrobat 8 Proだけで行う方法はないのでしょうか。実は、ある方法を使えば、Acrobat 8 Proでも、かけ合わせを別の線幅に変更することが可能なのです。






posted by 上高地 仁 at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | AcrobatでするPDF出力のツボ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69823980

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。