2007年11月06日

第三のPDF編集ソフト、サカタインクスの「NEO」

 JAGATのプリンターズサークルのの11月号(2007年)を見ていたら、印刷会社向けのPDF編集ソフトが紹介されていました。PDFを印刷用に編集するソフトは、PitStopAcrobat 8 Proしかなく、サカタインクスから「NEO」が登場したことで、印刷会社で入稿したPDFを編集して出力するというワークフローが普及しそうです。
  サカタインクスの「NEO」は、わかりやすく言うと、

ArtWorkerの後継ソフト

と位置づけることができます。「ArtWorker」はご存じないですか? 簡単に言うと、PostScriptファイルを開いて、中身をグイグイと編集するソフトです。もっとも、私は使ったことがあるわけではないので、詳細は知りませんが、多くの印刷会社で使われている代物です。
 ただし、ArtWorkerは一般ユーザーが使うものではなく、印刷会社の出力部門で使えば便利なものです。サカタインクスのページでは、

オフセット業界だけではなく、本来の用途である紙器、軟包装材料の印刷業界へと展開され、現在では多くの製版現場でご利用をいただいております。
(Artwork Systems 社製 製版ソフト“NEO(ネオ)”販売開始:サカタインクス)

とあります。Artworkerは、トラッピングの微妙な設定が必要な紙器や軟包材で、なくてはならないPostScriptの編集ソフトのようです。
 で、そのArtworkerのPDF対応版として登場したのが「NEO」というわけです。もちろん、ArtWorkerの最新バージョンは、PDFにも対応しています。ですが、ArtWorkerがハンドリングできるPDFは、私の記憶ではアウトラインPDFだけだったと思います。フォントを埋め込んだPDFは扱えないのです。ですから、PDFの対応といっても、内部的にはPostScriptに変換して処理していたのかもしれません。
 具体的にどんなことができるかというと、オブジェクト編集では線画の編集は当たり前ですが、透明効果の変更もできます。乗算をスクリーンに変更したりすることができます(透明も編集できるので、PDFネイティブ対応でしょう)。
 また文字編集では、フォントが埋め込まれていれば、システムにフォントがなくても含まれている字形内でテキストの編集は可能のようです。システムフォントとしてインストールされていなくてもテキスト編集できるのはありがたいですね。
 画像の編集では、カラー変換だけでなく、トーンカーブを適用したり、さらに画像内のゴミ取りもできるそうです。他にも印刷業界に特化した機能がいろいろあるようです。
 もちろん、プリフライトもついています。プリフライトについては、NEOはPitStopを利用していてます。そう考えると、第三のPDF編集ソフトというより、PitStopハイパワーバージョンという言い方もできるかもしれません。
 気になる価格は、オープンプライス。まあでも、ArtWorkerの値段を知っていれば、それに準拠した価格であると考えれば間違いなさそうです。CTPを導入するときに、セットで買うようなものでしょうね。
 自動処理については、NEOだけではできないようで、GateKeeperというソフトと組み合わせる必要があるようです。
 印刷業界向けの高度なPDF編集ソフトが登場したことで、これからは多少いい加減なPDFでも入稿して手直しするという泥縄的な入稿形態に戻るかも知れません。そういう意味では、NEOをうまく使ってPDF出力ワークフローのキャパシティをあげるとともに、入稿時にNEOの手動編集を使わない仕組みの構築も必要になるでしょうな。
 いずれにしても、印刷業界向けのPDF編集ソフトの登場で、PDFの出稿はさらに進むことは間違いなさそうです。





posted by 上高地 仁 at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース&トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ArtWorker懐かしす
Excerpt: DTP-Sブログ-ひねもすデジタルビヘイビア: 第三のPDF編集ソフト、サカタインクスの「NEO」 [dtp-s2.seesaa.net]  JAGATのプリンターズサークルのの11月号(2007年)..
Weblog: M.C.P.C.
Tracked: 2007-11-07 23:22