Classic環境は絶滅の危機か?:Mac Fanで見るDTP環境の変化



 久しぶりにMac Fanを読んでみました。表紙の小林麻央の笑顔に惹かれて、というわけではありませんが、iPodとかLeopardとか少し気になりますね。知らない間に、Mac Fanビギナーズを吸収し、中綴じではなく平綴じになっていました。

 中身を読んでいくと

インテルMac時代到来でDTP環境は変わってきたか?

という「スペシャル」扱いの記事が掲載されていました。特集ではなく、アンケートを解析した記事なんですが、たった4ページしかないんですね。寂しいですね。しかも、表紙にはこのスペシャル記事は記載されていません。Macintoshの世界でのDTPの位置は、限りなく暴落しているのか、とつい思ってしまいました。
  さて、AppleはMac OS 9からなかなか脱却できないDTPユーザーを置き去りにして、インテル化を押し進めています。おそらく次のバージョン(レパードの次)では、PowerPC上で動作しなくなるのではないかと予想しています。そういう意味では、Mac OS 9を捨てきれないユーザーが、取り残されていくのは止めようがないでしょう。

 Mac Fanのアンケートは、昨年に実施したものと比較していて、推移がわかりやすくていいですね。アンケート全体を見ると、この1年でユーザーの意識が大きく変わっていることがわかります。

 このアンケートによると、インテルMacを導入しているという回答(すでに導入済み)は

24.8%

になるそうです(このアンケートには2006年度のものはありません)。さらに「積極的に検討している」のは

23.3%

で、約半数近くがインテルMacを受け入れているか、受けいれようとしていることがわかります。もちろん、その逆の半分は、インテルMacの導入には、不安があり、踏み切れないわけです。Mac OS 9環境への依存度が高かったり、ロゼッタアプリは使いたくないようです。

 Mac OS 9環境については、Classicを使うという手もありましたが、インテルMacでは使えないので、移行する場合は、両刀使いで行くしかないようです。Mac OS Xユーザーに対する別の質問に

クラッシック環境をDTP用途に使っていますか?

というものがあり、それを見ると、半数以上が「ほとんど使わない」と回答しています。ただ、すでにインテルMacに移行している場合は、使いたくても使えないし、PowerPCでも、「ほとんど使わない」と、その次のある「たまに使う」の選択肢の違いの差は明確ではありません。

 月に1度か2度使うユーザーは、「ほとんど使わない」なのか、「たまに使う」なのかは、微妙なところです。実際には多くのユーザーは、Classic環境が手放せないのではないかと思いますね、当分は。

 ただ、そうはいっても、Classic環境はいずれ脱却するしかないでしょう。10.4になって、Classicはだいぶ窮屈になりました。たとえば、テキストファイルを開くときのアプリケーションをClassic環境で開くJeditに[すべてを変更]しようとすると、テキストエディットになってしまったりします。1つだけだと変更できるんですけどね。

 Mac OS Xマシンと、Mac OS 9マシンの両刀使いで行く方法もあります。しかし、実際に併用してみると、Mac OS Xに比べてMac OS 9は安定に欠け、トラブッたときの手間に予想外に時間を取られることがあります。だから、Mac OS 9もClassic環境も、最低必要限度でのみ使うようにしていくしかないのでしょうね。
 
 Mac Fanのアンケートでは、「ほとんど使わない」と「たまに使う」の両方を合計すると、2006年と2007年では

67.2% → 75.2%


に8%もアップしています。おそらく、Mac OS Xを使い始めると、Classicを使わないようになっていくのでしょう。Leopardを導入するとなれば、Creative Suite3のみで、Mac OS 9は使わないシステムを構築していくしかなさそうです。


 → 詳しくはMac Fanの11月号を御覧下さい。


◆Mac FanのWebサイト
http://macfan.jp/
















posted by 上高地 仁 at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース&トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Mac Fan (マックファン) 2008年 01月号
Excerpt: 今月号は特別付録CD-ROM付。このCD-ROM、中にはフローソフト100本超!
Weblog: ネット通販じゃんくま
Tracked: 2007-12-08 15:22





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。