可能な場合オーバープリントを保持とは:使いこなし20の鉄則1



あなた:IllustratorとInDesignの使いこなし20の鉄則がやっと完成しましたね。InDesignはちょっとかかりすぎですね。

マスターヨーダ:そうよのう。そうかもしれん。InDesignは機能が豊富じゃから、ポイントを20に絞るのがなかなか難しいのう。バージョン毎に新しい機能が追加されておる。

あなた:今回の『使いこなしの鉄則』ですが、読みどころはどれでしょうか。なんといっても、たった96ページに、

Illustrator  8.0〜CS3
InDesign 2.0〜CS3


までを網羅し、その違いを踏まえて解説してある本は、他にはないと思います。


マスターヨーダ:その通りじゃ。バージョン毎の解説書はあるが、複数のバージョンで、それぞれの機能を違いを取り上げて解説してある本はそれほど多くはないぞ。IllustratorもInDesignも、すべての機能を取り上げるとすると、膨大なボリュームが必要じゃからのう。

今回の『使いこなしの鉄則』では、主に印刷用データの作成もしくは出力をターゲットにして重要な部分を取り上げ、わかりやすく会話形式にしてあるのが特徴じゃ。

あなた:印刷用データを作成し、出力する際に注意したいことには


透明効果の分割統合設定
ラスタライズ効果の画像の設定
カラーマネージメント機能
画像フォーマットで異なる画像の機能の違い
埋め込みプロファイルの適用
PDF保存時の適切な設定


などはですね。私もとても勉強になりました。逆に言えば、それらを理解していれば、印刷用データの作成は難しくないというわけですね。

マスターヨーダ:少しは学んだようじゃな。たとえば、透明効果の分割・統合は、Illustratorでは書類設定、InDesignは透明の分割・統合設定で指定するが、特色に適用する場合は、IllustratorとInDesignでは同じ処理ではない。

しかもIllustratorでは、9.0と10.0、CS以降で、透明の分割統合ウィンドウのダイアログのオプションが異なっておる。9.0では分割するだけじゃが、10.0では透明上のオーバープリントを保持することも可能じゃ。

つまり、オーバープリントを指定したオブジェクトを分割・統合すると、乗算を分割・統合したように、背面のオブジェクトと合成されてしまうが、「オーバープリントを保持」しておくと、分割・統合しても、可能な場合、オーバープリントはそのままオーバープリントなのじゃ。

あなた:なるほど、その機能がIllustrator 10からなわけですね。そういえば、InDesignでは、[可能な場合オーバープリントを保持]はどうなっているんですか。

マスターヨーダ:わしに聞くばかりではためにならんぞ。自分でやってみればよい。オブジェクトを重ねて、前面のオブジェクトにオーバープリントの指定をして、PDF書き出してみればよい。

そうじゃな、背面はマゼンタ100%、前面はシアン100%でシアンにオブジェクトにオーバープリントを指定しておくんじゃ。PDF保存してAcrobatの[印刷工程]にある[オーバープリントプレビュー]で確認すれば、オーバープリントされたままかどうかは一目瞭然じゃろう。

あなた:そうですね。やってみればいいんですね。・・・CSで試した限りでは、InDesign CSから「Acrobat 4.0互換」で書き出しても、前面のオブジェクトはオーバープリントされたままですね。

091003-1.gif

  ↓

091003-2.gif

InDesign CSでシアン100%のオブジェクトに[塗りオーバープリント]を指定して、PDF保存したもの(プレス品質)です。「Acrobat 4.0互換」で透明を分割しても、オーバープリントは保持されています。

マスターヨーダ:そうよ、気になったら、簡単なサンプルデータを作成して試してみればいいんじゃ。もっとも難しいのは、どのようなサンプルデータを作成すればよいのか、ということじゃ。それがわかれば、疑問は氷解したようなものよな。(続く)


 →もっと詳しく

 →Illustrator CS3InDesign CS3についてはこちらから


Illustrator使いこなしの21の鉄則Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリに!
詳しくは下記をご覧ください。


◆Illustrator使いこなしの21の鉄則[インクナブラ]
http://bit.ly/nJNEDU
*App Storeでは「Illustrator」「鉄則」で検索してください。











posted by 上高地 仁 at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Illustrator使いこなしの鉄則
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58658304

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。