Adobe 2007年第3四半期は売上8億5千万ドル営業利益約30%の儲け



 Adobeの2007年第3四半期(2007年6月2日から2007年8月31日)が過去最高益をたたき出したというニュースリリースがやってきました。

前年同期比41%増の売上を達成


だそうです。 昨年の第3四半期の売上は「6億220万米ドル」で、今年は「8億5,170万米ドル」になったわけです。儲かってますねぇ。しかも、粗利は29.9%もあるんですね。これだけ儲けても、ソフトを価格を下げることは考えないんでしょうけどね。

 売上が大幅にアップした理由は、言わずとしれたMacromediaとの合併でしょう。だいたいMacromediaの売上が、四半期で1億ドル強あったわけですから、純増という意味では、その分を差し引いて見る方が正確でしょう。

 しかし、それを差し引いても、それ以上に大幅に売上はアップしています。CEOのブルーチ・チゼンは、その理由として

非常に好調なCreative Suiteの売れ行き
 
堅調なAcrobatに対する需要


を上げています。Acrobatに対する売上はわかりますが、これだけ売上が好調なのは、Macromedia製品を抱き込んだCreative Suiteの販売も順調だからでしょう。日本でも、同じように売れているんでしょうかねぇ。

 Creative Suiteもスイートになって、もっと安くなってもいいのに、使わないソフトをいくつもバンドルして価格を上げるわけですから、Adobeも商売がうまくなりましたね。DESIGN SRANDARDでも、先行発売したAcrobat 8 Professionalを含まないバージョンが欲しいですね。

 さらに売上を上げるためには、DTPやWebソリューションだけでなく、もっと成長性のある分野の会社を買い取るか合併するしかないかもしれません。今後も前年同期で10%以上の成長は、FLASHを梃子にするだけでは少し難しいかも。

 そのうち、あっと驚くようなM&Aがあってもおかしくないかもしれませんな。GoogleやYahoo!のような企業と合併するというような話がでてくると、面白いんですけどね。


◆「アドビ システムズ社、過去最高の業績を達成」
http://www.adobe.com/jp/aboutadobe/pressroom/

◆MacromediaのCEOが交代[F-site]
http://f-site.org/articles/2005/01/23090642.html

◆ Adobe + Macromedia 夜が明けて[THEBADTIMING.COM]
http://blog.thebadtiming.com/archives/859





posted by 上高地 仁 at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。