2007年09月18日

■Illustratorの鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない

あなた:PDF保存するとき、[ICCプロファイルを埋め込む]がオンになってしまうんですが、なんとかならないのでしょうか。

マスターヨーダ:Illustrator 10まではPDF設定を保存できん。仕方がないじゃろうな。Illustrator CS以降を使うことじゃな。

あなた:それしか方法はないんですか。マスターヨーダ:ふむ、[ICCプロファイルを埋め込む]がデフォルトでチェックされてしまうのは、カラー設定を使用しているからじゃよ。カラー設定をオフにして「Illustrator 5.5Jをエミュレート」を使うしかあるまい。Illustrator 10までは、PDF保存時に、いちいちチェックを外すしかないじゃろう。

あなた:ところで、カラー設定を使うと[ICCプロファイルを埋め込む]がオンになるのはなぜなんですか。

マスターヨーダ:なかなか鋭い質問じゃな。ICCプロファイルを埋め込むのは、出力するためではないんじゃ。Illustratorでドキュメントを作成したときのカラースペースの覚えておくためじゃ。

Photoshopで画像を作成する場合は、ICCプロファイルを埋め込んだ方がよい。画像はそのまま出力するわけではない。ICCプロファイルを埋め込んでおくと、画像データを作成したときのLab値を知ることができるからのう。

しかし、Illustratorでは必ずしもそうではない。Illustratorのデータを出力する場合、もう一度開いて変更することはあまり歓迎されんじゃろう。

あなた:そうですね。貼り込み画像が必要だったり、フォントも同じものがインストールされている必要がありますから。EPSではそのまま出力しますね。

マスターヨーダ:フォントや貼り込み画像もないアートワークのみのデータであれば、ICCプロファイルを埋め込んでもよいんじゃ。しかし、レイアウトデータの場合は、そうはいかんぞ。Lab値にあわせてカラー変換すると、墨文字が墨ではなくなってしまうからの。

IllustratorからPDFを作成して、Acrobatでモニタ校正するのであれば、ICCプロファイルは埋め込んだ方がいいんじゃ。モニタキャリブレーションがとれていれば、印刷時のカラーに近い色でモニタ表示されるからの。

しかし、印刷用では、ICCプロファイルは埋め込まない方が安全じゃ。最近の出力機ではそんなことはないんじゃが、古い出力機では、PDFにICCプロファイルが埋め込まれていると、ドキュメントカラーを別のカラーに変換してしまうことがあるんじゃ。もっとも、かなり古い出力機じゃがな。

Illustratorでは、ICCプロファイルを埋め込まずにPDF保存し、印刷時のカラースペースは別の方法で確認するしかあるまい。

●Illustrator CSでのPDF保存のウィンドウ
16-01.gif
Illustrator CS以降はPDF保存のウィンドウの設定を保存することができます。保存した設定を使うことで、カラー設定を指定しても、PDF保存時にICCプロファイルを埋め込まないようにすることができます。




Illustrator使いこなしの21の鉄則Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリに!
詳しくは下記をご覧ください。


◆Illustrator使いこなしの21の鉄則[インクナブラ]
http://bit.ly/nJNEDU
*App Storeでは「Illustrator」「鉄則」で検索してください。






【関連する記事】
posted by 上高地 仁 at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | Illustrator使いこなしの鉄則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Adobe InDesign CS3マスターブック for Mac
Excerpt: Adobe InDesign CS3マスターブック for Macintosh & Windows・[DTP]Illustratorのクリッピングマスクのパスに色を付けるな!・Illustratorの..
Weblog: DTPを...
Tracked: 2007-09-26 00:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。