みだれうち読書ノート【和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科】〜これで私はiPodを買いました〜



 これは書籍ではありません。いわゆる情報商材です。ほとんど音声ファイルのダウンロードになっています。内容は情報商材を販売するためのノウハウ集になっています。「ネットビジネス大百科」と謳うだけあって、けっこう中身の濃い価値あるものになっています。

まあでも、もう少し聞いてください。

 私は昔、コピーライターになりたいと思ったことがあります。もちろん、遠い昔ですよ。糸井重里とか中畑貴史とかが持て囃されていた時代ですよ。ただね、そうはいっても、私はコピーライターのノウハウってなんなのか全然知らなかったんですね。わからなかったんですね。どんなコピーがいいのか、どんなコピーが優れているのかね。だから、コピーライターになれるとは思わなかったんですね。

 最近は、ダイレクト・マーケティングのノウハウがたくさん書籍になって、コピーライティングのノウハウが簡単に入手できるようになってきました。それらは雑誌広告のキャッチコピーとは全く異なるものです。コピーのノウハウではなく、マーケティングノウハウの一つとしてコピーライティングが位置づけされています。

 それでそういう本や商材をけっこう買って、独学で身につけようとしています。いくら本を書いても、それを買っていただくためのノウハウを身につけないと、結果につながらないからです。



 「和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科」のコピーライティングのノウハウは強烈です。このノウハウは木坂さんが話していますが、いままで読んだ本が吹っ飛んでしまうような中身の濃さがあります。

Module2:読んだ人がお金を払わずには夜も眠れなくなってしまう
強烈なセールスレターを一週間で書き上げる


という章は、音声にして約4時間半のあるのですが、この中にコピーライティングのすべてが収められているといっても言い過ぎではありません。音声ではなく、本として読みたいくらいの内容で、コピーを書くときのノウハウと考え方がギッシリと詰まっています。



 実は、この間初めてiPodを買いました。iPodを買ったのは、音楽を聴くためではないのです。もちろん、音楽も聴いていますが、本当の理由は、この商材の音声ファイルを自動車や電車の中などで聞くためでした。

 たとえば、Module2の4つ目の音声ファイルには、セールスレターの基本が述べられています。コピーを書くときに知っておくべきことに「3つのnot」があります。「3つのnot」というのは

not read

not believes

not act


のことです。

 コピーを書いても、まず読んで貰う。そして、次にそれを信じて貰う。そして最後に行動させるコピーを、セールスレターを書かないいけないわけです。それは、セールスレターだけでなくて、訪問営業も同じだろうと思います。

 訪問営業では、まず、会って貰い話を聞いて貰うことが必要になります。そして、提案したことを信じて貰う。そして発注してもらうためのアクションプログラムが必要になりますね。

 会って貰うのためにはどうアプローチすればいいのか、ということが最初の関門です。電話でアポイントを取るのが一番いいのか、テレアポするにしても、どういう切り口でするのか。テレアポするキーマンとはどうして見つけるのか。それが「not read」ですね。

 会って話ができたとしましょう。プレゼンした内容を信じて貰うにはどういう提案をすればいいのか。提案内容を信用して貰うだけでなく、発注したときにそれに見合う結果を出すとことも信頼して貰う必要があります。そのためには、何をするべきなのか。それが「not believes」の壁です。

 そして、発注させるには発注しやすい環境を、あるいは発注せざるを得ない状況を作り上げる必要があります。「not act」から「act」させるための、ネックは何かを調べ、「act」させるための方法を見いだす必要があります。

 ですから、そう考えると、セールスレターの書き方も営業も同じことですね。Web上で集客している印刷会社も同じですよ。「not read」「not believes」「not act」の壁を越えるような内容が含まれているかどうかが、発注を貰うためのポイントのなるはずです。

 また、Module2の4つ目の音声ファイルでは、クライアントの意識レベル段階についても触れています。「OATHの法則」というのですが、無知な顧客、無関心な顧客、考えている顧客、現状に苦痛を感じている顧客で、アプローチ方法が異なるといいます。すぐに発注が欲しければ、考えている顧客や苦痛を感じている顧客にのみ売り込むべきです。だから、そういう顧客を見つけるノウハウを身につける必要があります。

 顧客の意識レベルを配慮した上で、「3つのnot」を攻略するという姿勢が必要なんです。そうしなければ、成約率の高いセールスレターは書けないわけです。それは、ネットであっても、リアルであっても同じことですよね。「売る」という意味では、基本は同じなのだと思いましたね。つまり、

ここで語られているノウハウを身につければ、
セールスレターだけでなく、どんな販売にも応用できそうです。


 そういうわけで、この「和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科」は一万円もしますが、私には、その価値は十分ありました。正直言って

たった一万円

というのが本音です。これで当分、この手の情報商材を買うことはなさそうですね。営業ノウハウの構築に自信のない方にも、オススメですね。


◆和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科


わずか1ヶ月、約20通のメールで総計9億円を荒稼ぎした方法
http://www.insiderscoachingclub.com/encyclopedia/




posted by 上高地 仁 at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | みだれうち読書ノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。