■Illustratorの鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする



あなた:PDF保存のウィンドウで[Illustratorの編集機能を保持する]というオプションがありますね。あのオプションはチェックしてもいいんでしょうか。

マスターヨーダ:印刷入稿用のPDFを作成するのであれば、チェックしないほうがよい。このオプションはどのバーションから追加されたか、知っておるか。

あなた:えーと、Illustrator 8.0にはありませんから、Illustrator 9.0からですね。

マスターヨーダ:そうじゃ。つまり、Illustratorの内部フォーマットがPDFになったときからじゃ。Illustratorが内部フォーマットとしてPDFを採用したのは、わかりやすく言うと、透明効果を使うためじゃな。PostScriptに準じた従来の記述方式では、透明は表現できんからの。しかし、Illustratorに透明機能を追加することで、ややこしい問題が生じたのじゃ。それはな、EPS保存したときの処理なんじゃ。

あなた:EPSですか、つまり、EPSで保存すると、透明を分割・統合しなければならいことですね。

マスターヨーダ:その通りじゃ。EPSで保存するときは、透明は分割・統合しなければならん。しかし、そのEPSをIllustratorで開くときはどうする。透明を分割・統合してしまえば、透明部分を再編集することはできんぞ。

そこでIllustratorは、EPS保存するとき、EPS内部に2種類のデータを持たせることにしたのじゃ。その2つとはな

透明が分割されたEPSデータ

透明がそのままのPDFデータ


なんじゃ。たとえば、Illustrator EPSをQuarkXPressに貼り込んだときは、「透明が分割されたEPSデータ」が使われる。しかし、Illustratorで開くときは「透明がそのままのPDFデータ」が使われるんじゃな。

●EPS保存時のオプション設定のウィンドウ

Illustrator 9.0のEPS保存ウィンドウ
14-01.gif

Illustrator CSのEPS保存ウィンドウ
14-04.gif

EPSで保存すると、ドキュメント内の透明は分割されます。Illustrator 9.0では、透明の分割・統合は書類設定に従います。Illustrator CS以降では、オーバープリントや透明の分割設定を保存時に指定可能になっています。

あなた:なるほど、それで、EPSとしてもIllustratorのネイティブファイルとしても使えるようになっているわけですね。なんだが、ややこしいそうですね。

マスターヨーダ:そうであろう。EPSなのに2種類のデータが含まれておる。ファイルが2つあるのと同じじゃからのう。ファイルサイズはその分冗長になるがな。

PDF保存での[Illustratorの編集機能を保持する]もそれと同じなんじゃ。つまり、PDF保存したときに、

IllustratorネイティブのPDFデータ

保存時に変換したPDFデータ


の両方が含まれるんじゃ。しかしじゃな、「IllustratorネイティブのPDFデータ」はPDFとして出力するときは不要じゃ。なくてもよいわけじゃな。[Illustratorの編集機能を保持する]はオフにして保存すると、不要なデータでファイルサイズが大きくなることもないからの。

●Illustrator 9.0で[編集機能を保存する]をオフにする
14-03.gif
IllustratorからPDFを作成するときは、[Illustratorの編集機能を保持する]をオフにします。オフにすると、ファイルサイズが小さくなります。


あなた:なるほど。そういうことなら、[Illustratorの編集機能を保持する]はチェックせずにPDF保存した方がよさそうですね。

マスターヨーダ:ただし、ここをオフにする場合は、オリジナルのドキュメントから
必ず別名で保存することじゃ。そうせんと、あとで修正することができんからの。1ファイルのまましたい場合は、[Illustratorの編集機能を保持する]をオンにして保存するとしかなんじゃが、多少出力時にトラブルを招く可能性もあるんじゃ。

あなた:出力でトラブルがあるんですか。



この記事はDTP-S倶楽部のコンテンツです。
続きは、DTP-S倶楽部にご入会いただくとご覧いただけます。


◆DTP-S倶楽部のご入会については下記URLを御覧下さい。
http://www.incunabula.co.jp/dtp-s/club/club.html


■DTP-S倶楽部ブログにようこそ
http://dtp-s.seesaa.net/


■Illustratorの鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
http://dtp-s.seesaa.net/article/52293673.html

*DTP-S倶楽部にご入会いただいたのち、お届けしたパスワードでログインしてください




Illustrator使いこなしの21の鉄則Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリに!
詳しくは下記をご覧ください。


◆Illustrator使いこなしの21の鉄則[インクナブラ]
http://bit.ly/nJNEDU
*App Storeでは「Illustrator」「鉄則」で検索してください。








posted by 上高地 仁 at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Illustrator使いこなしの鉄則
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。