Illustrator CS、トンボの書き出しと非PostScriptプリンタの対処法



 Adobeのサポートデータベースに、Illustrator CS2とCS3に関する情報がアップされています。

 プリント時のトンボと裁ち落としの処理と、PostScriptプリンタからのトラブルについては、目を通しておいた方がいいかもしれません。

■プリント時にCMYKに分解すると後付トンボは墨版のみになる


 Illustrator CS3では、プリント時にドキュメント内の特色を[すべての特色をプロセスカラーに変換]して出力すると、出力時にトンボと裁ち落とし部分が墨版のみに変換されるようです。トンボですから、すべての版に追加されるべきところが墨版のみになってしまうようです。

 ひょっとすると、[すべての特色をプロセスカラーに変換]すると、レジストレーション部分もプロセスカラーに変換されてしまうのではないかと思いました。そこで、特色オブジェクトにトリムマークを追加して、PDFに変換してみました。ドキュメント上のレジストレーションマークはそのまま正しく分解されています。

 PDFの作成はPDF保存ではなく、プリンタドライバに[Adobe PDF 8.0]を指定しPDFにしました。この方法では、PostScriptファイルを書き出すので、プリンタするのと同じように書き出されるはずです。そうすると、同じように、トンボは墨のみに書き出されます。裁ち落とし部分に特色を配置しましたが、その特色はCMYKに分解されていました。なお、この方法でトンボを反映させるためには、用紙サイズを大きくすることが必要です。

 Illustrator CS3では、トンボを追加する場合、プリンタドライバに[Adobe PDF 8.0]を指定してDistillerでPDFを作成するより、そのままPDF保存する方がいいようです。もっとも、PDF保存では特色をCMYKに分割することはできません。特色のCMYK分解は、AcrobatかRIPで変換する必要があります。


●[すべての特色をプロセスカラーに変換]を選択するとトンボと裁ち落としが墨版だけに出力される(Illustrator CS3)【文書番号:232141】
http://tnl.adobe.co.jp/u/No/98435/38839F46_13842/ilw54_232141.html


■ロックされてもレイヤー上のテキストが編集できるのは「仕様」だった


 ロックされたレイヤー上のテキストは、テキストツールで編集できるそうです。これは5.0からの「仕様」だそうです。ロックされるのは、オブジェクトを選択することだけのようです。なるほどね。

●ロックされたレイヤー上のテキストが編集できる(Illustrator CS2/CS3)【文書番号:231818】
http://tnl.adobe.co.jp/u/No/98435/388344D8_13842/ilw54_231818.html


■非PostScriptからのプリントはPDF保存してからするのが手堅い?


 IllustratorからプリントはPDFもしくはPostScriptでの書き出しとなります。ですから、PostScriptに対応していないプリンタからの出力では、モニタ表示通りに出力されるとは限りません。GDIやQuickDraw、もしくはHewlett-PackardのPCLなどのプリンタメーカー独自のプリンタ記述言語などに、PostScriptから変換する必要があるからです。

 別のプリンタ記述言語にコンバートするわけですから、当然、完璧というわけにはいきません。予想しない出力結果になる場合もあります。まあ、PostScriptプリンタでも、結果が異なることがありますから、非PostScriptプリンタからの出力では、トラブルを招くのは致し方ないでしょうね。

 この文書では、非PostScriptプリンタでのトラブルをまとめています。最終的な対処方法(回避法)としては

PDF ファイルとして保存
別のアプリケーションから出力
他のプリンタから出力


があげられています。他のアプリケーションとして、Photoshop、PageMaker、InDesignがあげられていますが、その方法はかなり無理そう。[他のプリンタから出力]も、それができれば無理して非PostScriptプリンタからの出力を考えないでしょうから、実質的な回避策は、

PDF ファイルとして保存

しかないといってもいいでしょう。PDFにしてAcrobatから出力する方が、非PostScriptプリンタからの出力では、間違いなそさうです。このドキュメントはIllustrator CS2を対象に書かれていますが、Illustrator CSやIllustrator CS3でも、PDF保存してAcrobatから出力するのが安全でしょう。

●非PostScriptからの印刷時のトラブルシューティング(Illustrator CS2)【文書番号:226197】
http://tnl.adobe.co.jp/u/No/98435/387759E2_13842/ilw54_226197.html


 




posted by 上高地 仁 at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。