新型iMacはDTPで使えそうだ───ぞ



 アップルから新しいiMacが登場しました。2.0GHzと2.4GHzのIntel Core 2 Duoを搭載し、モニタは20インチと24インチという液晶の仕様です。仕様をみていくとけっこう使えそうですな。

 今まで

iMacはDTPで使えるか

と考えたとき、いつも引っかかるのが、グラフィックスの仕様でした。モニタの外部出力が、ミラーリングのみだったので、「使えない」というのが私の結論でした。

 いまどき、IllustratorやInDesign、Photoshopを使うとき、サブモニタがなくては実用的に使うことはできません。Creative Suite3ではモニタ領域が広くなくても、パレットやツールを整理して使うことができるように配慮されていますが、それでも、モニタ領域は広いに越したことはありません。ドキュメント表示用のモニタ以外にパレット類を表示するモニタは必須です。作業を効率的に行うためには、パレット表示を切り換えて使うのは、けっこうたいへんだからです。

 しかし、今回のiMacは外部モニタを接続して拡張エリアを表示できるようです。iMacの仕様で「ビデオおよびグラフィックス」みていくと

拡張デスクトップモードで外部モニタをサポート
 * デジタル解像度:最大1,920 x 1,200ピクセル
* アナログ解像度:2,045 x 1,536ピクセル


と書かれています。最下位の機種でもビデオメモリは最低でも128MB、それ以外は256MBです。いままでは、外部拡張エリアの表示はできなかったと記憶しているのですが、私の記憶違いでしょうか。

 ということは、Apple Cinema HD Displayなどを接続すると、最大で「3,840×1,200ピクセル」を表示できるわけです。これだけのエリアがあれば、文句なしですね。

 DTPで使うのであれば、ハードディスクは250GBとか320GBでも十分でしょう。メモリも最大で4GBまでサポートしているので、DTPユーザーではまず問題ありません。この仕様をみていると、

次はiMacでもいいかな

と思ってしまいますね。というのは、G5を使っていると

やたら ウ ル サ イ


ということがあります。ファンの音だと思いますが、静かとはとうてい言えません。さらに、いまは

夏は熱い

ということがあります。エアコンを付けていても、G5の周辺が暖房機のようにホットなのです。冬はいいかもしれませんけどね。

 とりあえず、今のG5はClassicが動作するので、必要なんですが、次のマシンは、インテルチップのマシンしか選択肢がないので、そうなるとiMacはけっこういけそうです。まあもっとも、Creative Suite3をメインで使うのであればということですけどね。

 この間からセミナーをしていて思ったのは、Creative Suite3の起動がやたら遅いことです。特に、PowerBookのG4でInDesign CS3を立ち上げると、ドキュメントが開くまでが遅いこと遅いこと、ドックのInDesign CS3をクリックしてからドキュメントを開くまでに歯磨きができそうです。Creative Suite3については、

インテルチップに最適化されているのではないか、

少なくともG4には最適化されてはおらんだろう、


と思う今日この頃です。まあ確証はありませけどね。

 もしそうであれば、24インチの新型iMacに、23インチのApple Cinema HD Displayを繋いで使うのはいいかもしれませんな。これだけの作業エリアがあれば、どんなファイルを開いてもサクサクと作業ができそうですね。まあ、新型のiMacだと、G5よりウルサクないのか、ヒートアップしないのかは、未確認ですが、ちょっと期待したいものです。

 というわけで、Creative Suite3への移行を考えている、そこのあなた、いま使っているモニタをiMacのサブモニタにすれば、一気にCreative Suite3にジャンプ、ジャンプ、ジャンプ。いままでのMac OS 9はそのままのマシンで使い、モニタを切り換えて使えばいいのです。それだったら、メモリを買い足すだけで、新しいMac OS X環境に移行できそうですな。


◆アップル、新iMacを発表--「iLife '08」や表計算機能を加えた「iWork」も登場[CNET Japan]
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20354299,00.htm

◆アップル - 新型iMacの仕様
http://www.apple.com/jp/imac/specs.html








posted by 上高地 仁 at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース&トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50717003

この記事へのトラックバック

iMac MK482J/Aの最安値はこちら!
Excerpt: アップルのデスクトップPC、iMac MK482J/Aを最安値で買えるショップを探してみました。 家電量販店でお値段を見てみると、25万円ぐらいしますね。 その一方で、ネット通販ではどこが一番安くなっ..
Weblog: 人気家電の【最安値】はこちら!ネット通販での価格を徹底比較
Tracked: 2016-11-22 18:32





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。