■Illustratorの鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する



あなた:IllustratorからPDFを保存するとき、注意することがいくつかあると思いますが、その中でもっとも重要なことはなんでしょうか。

マスターヨーダ:「もっとも重要なこと」というのが、それだけしておけば印刷用PDFが作成できるという意味であれば、そんなものはないぞ。全部重要じゃ。手順を追って、適切な設定でPDFを作成する必要があるわい。

あなた:それはそうですが、これをやっておけば、トラブルに巻き込まれにくいというTipsはないんでしょうか。もちろん、全部重要なのはわかるんですが...。


マスターヨーダ:なるほど、そうよなぁ。強いて言えば

テキストをアウトライン化する

ことじゃよ。埋め込んでもよいが、テキストをアウトライン化してしまえば、トラブルは少なくなるじゃろう。

あなた:アウトライン化するんですか、埋め込むのではなくて。PDFだったら、埋め込む方のがスジじゃないですか。マスター、だっ、大丈夫ですか?

マスターヨーダ:フフッ、まだまだ耄碌しておらんぞ。PDFでもテキストはアウトライン化するのがもっとも確実じゃ。EPSと同じようにアウトライン化しておくほうが、トラブルに巻き込まれることはないわい。

あなた:そうですか。フォントはPDFに埋め込んでもちゃんと出力できますよね。PDFだったら、フォントの埋め込みで問題ないと思いますけど。

マスターヨーダ:フォントを埋め込むときに問題になりそうなものに

出力機側の埋め込みフォントの対応
Illustrator 9.0と10.0でのOpenTypeの外字
埋め込みできないフォントの利用


がある。逆に言うと、これらが解決されておれば、PDFにフォントを埋め込んでもいいというわけじゃ。


●ビットマップフォントを埋め込むときのアラート
10-01.gif

Illustrator形式で保存するときも、同じアラートが表示されます。このアラートが表示されたら、フォントを埋め込み可能なフォントに差し替えましょう。


しかし、PDF出力を外部に依頼する場合は、場合によっては埋め込みフォントが出力できんこともあるじゃろう。いまどき、埋め込みフォントが出力できんイメージセッタを持っていることは少ないんじゃが、埋め込みフォントが出力できる場合でも、初期のものは信頼性が低いものあるんじゃ。

あなた:PDFにフォントを埋め込んでも、出力できないことがあるんですか。

マスターヨーダ:たいていは大丈夫じゃよ。ただし、得体のしれんTrueTypeフォントなどを埋め込む場合は、要注意じゃな。Illustratorではあまり問題はないが、WordからDistillerでフォントを埋め込んで作成した場合は、出力機によってはうまく出力できんこともあるんじゃ。

あなた:出力機がちゃんと対応していれば、埋め込んでも問題ないわけでしょう。だったら、埋め込んでもいいわけですね。

マスターヨーダ:まあ、そういうことじゃ。

あなた:Illustrator 9.0と10.0では、OpenTypeを使うことはまずありませんよね。

マスターヨーダ:Mac OS 9環境であれば、まず使うことはないじゃろ。しかしIllustrator 10ではOpenTypeをそのまま使えるぞ。

あなた:そうですね。Mac OS X環境でOpenTypeはそのまま使えますね。

マスターヨーダ:ただしな、Mac OS X環境では、OpenTypeの外字は入力できんようになっておる。文字パレットでは表示されんのじゃ。しかし、Illustrator 9.0で外字を入力したドキュメントをMac OS X環境で開くとな、Illustrator 9.0で入力した外字は表示されおる。そのままPDF保存すると、外字は文字化けすることになる。

あなた:アウトライン化すれば大丈夫なんですか。

マスターヨーダ:もちろん、入力された外字のままでアウトライン化できるわい。





この記事はDTP-S倶楽部のコンテンツです。
続きは、DTP-S倶楽部にご入会いただくとご覧いただけます。


◆DTP-S倶楽部のご入会については下記URLを御覧下さい。
http://www.incunabula.co.jp/dtp-s/club/club.html


■DTP-S倶楽部ブログにようこそ
http://dtp-s.seesaa.net/


■Illustratorの鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
http://dtp-s.seesaa.net/article/48600996.html

*DTP-S倶楽部にご入会いただいたのち、お届けしたパスワードでログインしてください。



Illustrator使いこなしの21の鉄則Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリに!
詳しくは下記をご覧ください。


◆Illustrator使いこなしの21の鉄則[インクナブラ]
http://bit.ly/nJNEDU
*App Storeでは「Illustrator」「鉄則」で検索してください。








posted by 上高地 仁 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Illustrator使いこなしの鉄則
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48602610

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。