プロファイル運用の時代は目の前だった



 IllustratorとInDesignですが、CS2から貼り込みファイルのカラーの扱いが大きく変わっています。これでプロファイル運用ワークフローの下準備が整ったということでしょうか。

 InDesignは、ICCプロファイルを含んだ画像を貼り込むと、InDesign CSとInDesign CS2以降では、画像に埋め込まれたICCプロファイルの扱いが異なっています。InDesign CSまでは、埋め込みプロファイルは適用しませんが、InDesign CS2以降は適用するようになっています。
 以前、その設定はどこで指定するのかと思っていました。やっとその謎が解けました。なるほど、こんなところにあったとは。ここのオプションはこのための設定だったわけですね。

 InDesignはけっこう賢いんですね。画像を選択してオブジェクトメニューの[画像のカラー設定]を開くと、配置された画像のカラースペースがわかるようになっています。画像内に含まれたICCプロファイルが適用されているのか、されていないのかもわかります。さらに、適用、非適用を変更するのも可能です。

 IllustratorでもPSD形式などでは、画像にICCプロファイルを埋め込むことができます。埋め込んだままドキュメントを運用できます。RGB画像の場合は、ICCプロファイルを含めて配置し、PDF書き出し時に、ターゲットCMYKを差し替えてCMYKにカラー変換することができます。

 ただし残念ながら、Illustratorでは、一度貼り込んでしまうと、貼り込み画像内にICCプロファイルが含まれているかどうかを知るすべがないわけですね。ドキュメント情報をみても、リンクパレットの情報をみても、貼り込んだ後から画像内にICCプロファイルがあるかどうか、また、それが適用されているかどうかを知ることはできないようです。

 InDesignも画像内にICCプロファイルが埋め込まれていることは、プリフライト機の機能で知ることは可能ですが、しかし、その埋め込まれた画像がどんなプロファイルなのかはわかりません。[画像のカラー設定]で1つ1つ確認していくしかないわけです。

 できれば、貼り込み画像の一覧を作成し、画像に割り当てられたICCプロファイル名がわかるようにして欲しいですね。Acrobatの注釈のリストのようにね。そして、できれば、そのリストから、割り当ているICCプロファイルを変更したり、カラー変換できる機能が欲しいですね。

 APPEが登場して、透明やフォントの処理、ICCプロファイルの処理をRIPで効率的かつ柔軟にできるようになりますが、それ以前に、アプリケーションレベルでユーザーが、ドキュメント内に使われている画像がどうなっていて、それが適正であるかどうかをすぐに知ることができる機能が欲しいものです。

 それができれば、画像にICCプロファイルを含んでIllustratorやInDesignに貼り込むのが当たり前の時代になりそうです。ICCプロファイルを運用してのワークフローまではもう少しですね。








posted by 上高地 仁 at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。