■Illustratorの鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係



あなた:透明効果を分割すると、オブジェクトが分割・統合処理されるわけですね。それって、具体的にどういうことですか?

マスターヨーダ:「分割・統合」という言葉もわかりにくいかもしれんのう。言葉通りのことなんじゃがな。

まず、「分割」というのはじゃ、Illustratorデータのうち、透明部分と、透明でない部分を切り分けることじゃ。服を作るときに生地の上に型紙を乗せて、生地を切り取るじゃろ。あれと同じ要領じゃ。生地の部分が透明部分というわけじゃな。Illustratorのベクターデータ(線画)も、埋め込み画像のラスターデータも全部分割するのじゃ。そして、分割した部分で透明の影響を受けない部分は、そのままにするわけじゃ。影響をうける部分は「統合」するんじゃ。「統合」という言葉を使うより、

合成する

といった方がわかりやすいかもしれん。複数のオブジェクトを合成して1つのオブジェクトにするんじゃ。

あなた:そうすると、画像とテキストが重なっているときはどうなるんですか? テキストと画像を合成すると、テキストも画像になるんですか。


マスターヨーダ:その通りじゃ。テキストアウトライン化されて、合成されることになる。墨ベタのテキストはそのままじゃが、それ以外のカラーをテキストに指定しているときは、テキストと画像を合成した画像を作成するんじゃ。画像化することで、透明部分が反映される。アピアランス(見た目)が保持されるわけじゃ。

あなた:テキストもそのまま画像化されるんですか?

マスターヨーダ:いや、そうではないぞ。合成した画像をテキストのパスで切り抜くんじゃよ。つまり、テキストのアウトラインパスをクリッピングパスにするんじゃ。

●Illustrator 9.0で透明のテキストと画像を分割する

07-01.gif

   ↓

07-02.gif

墨でない透明のテキストを分割すると、背面とテキストを取り囲む矩形ボックスで合成された画像が作成されます。そしてアウトライン化されたテキストで合成画像をマスクしてアピアランスを維持します。




あなた:なるほど、それでテキストに透明が重なっても、テキスト部分に透明の画像データが反映されるんですね。いやいや、複雑な処理をしているんですね。

マスターヨーダ:テキストの上に透明の画像がある場合は、もとの画像はそのままで分割・統合された画像がマスクされて重ねられるんじゃ。

あなた:うーん、アピアランスを維持するって、大変なんですね。Illustratorって偉いですね。そうすると、透明に特色を指定しているときは、どうなるんでしょうか?

マスターヨーダ:特色か? 分割・統合では特色は御法度じゃよ、基本的にはな。というのは、統合するときのカラーモードはCMYK(ドキュメントのカラーモード)になるからじゃ。CMYKになってしまえば、特色ではなくなるからの。透明を指定し、それを分割・統合するいうことは、別の色に変わるということじゃろ。特色では表現できん。

あなた:だとすると、特色を使うときは、透明効果は使えないんですね。

マスターヨーダ:そうではない、すべての透明効果が使えんわけではないんじゃ。特色のオーバープリントは可能なんじゃ。

あなた:特色のオーバープリントと透明効果と関係があるんですか?

マスターヨーダ:オーバープリントとのう、描画モードの[乗算]は同じものじゃよ。印刷するときはな。違うかな。

あなた:同じもの? あっ、[乗算]しても、印刷したときの結果はオーバープリントと同じですね。モニタで確認できるかどうかの違いですか。

マスターヨーダ:必ずしもそうではないがな。オーバープリントしてプレビューしたものと、[乗算]としたものアピアランスは同じじゃからのう。じゃから、透明効果のなかで、オーバープリントに置き換えることができるものは、場合によっては、オーバープリント化することも可能なんじゃ。

あなた:どうすれば、特色の[乗算]をオーバープリントに変換できるんですか?

マスターヨーダ:無理して特色に[乗算]を使う必要はあるまいて。特色を属性パレットでオーバープリント化して、画面メニューから[オーバープリントプレビュー]を選択して確認すればよいではないか。そう思わんか。

あなた:まあそうですが、[乗算]を使う方が簡単で、わかりやすいでしょう。一応、[乗算]を使ってオーバープリントに変換する方法も教えてくださいよ。

マスターヨーダ:仕方がないのう。「Acrobat 5.0互換」でPDFを保存すればいいんじゃよ。「Acrobat 5.0互換」だと、透明が分割されることないからじゃ。Illustrator CSの場合は、PDF保存するとき「Acrobat 4.0互換」でも[不透明度]や[乗算]はオーバープリントに変換されるんじゃ。


あなた:なるほど。あの、ドロップシャドウに特色を指定することはできるんですか? ドロップシャドウの画像は、分割・統合するとやはりCMYKモードになってしまうんですね。


マスターヨーダ:Illustratorで特色を使い、特色が反映されるPDFを作成する方法はな...。






この記事はDTP-S倶楽部のコンテンツです。
続きは、DTP-S倶楽部にご入会いただくとご覧いただけます。



◆DTP-S倶楽部のご入会については下記URLを御覧下さい。
http://www.incunabula.co.jp/dtp-s/club/club.html


■DTP-S倶楽部ブログにようこそ
http://dtp-s.seesaa.net/


■Illustratorの鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
http://dtp-s.seesaa.net/article/47578942.html

*DTP-S倶楽部にご入会いただいたのち、お届けしたパスワードでログインしてください。




Illustrator使いこなしの21の鉄則Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリに!
詳しくは下記をご覧ください。


◆Illustrator使いこなしの21の鉄則[インクナブラ]
http://bit.ly/nJNEDU
*App Storeでは「Illustrator」「鉄則」で検索してください。








posted by 上高地 仁 at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Illustrator使いこなしの鉄則
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。