編集メニュー[レイヤーを自動整列]で集合写真を重ねる



 Photoshop CS3の新機能では、目玉ともいえる機能が編集メニューにあります。

レイヤーを自動整列

という機能がそれです。重ねた2枚のレイヤーの共通する部分を識別して、位置を自動的にあわせてくれる機能です。基本的に位置をあわせるだけの機能です。
 どうしてこういう機能が追加されたのかというと、同じアングルで撮影された複数の写真から、

いいとこ取り


をするためです。デジカメで撮影した写真であっても、三脚を使用しないで撮影すると、多少のブレがあります。いままであれば、レイヤーのオンとオフを切り換えて手動で位置あわせをする必要がありましたが、この機能を使えば、そういう手間がかかりません。撮影位置が多少違っていても、レイヤーへのオンとオフを繰り返して、画像の位置を確認する必要はありません。

 とくに集合写真では、誰かが横を向いていたり、目を閉じていたりします。フレームに収める人物が多くなればなるほど、写っている人物すべての満足のいく写真は難しくなります。そういうとき、複数の写真から、「いいとこ取り」して合成した写真が簡単にできます。

 集合写真でなくても、人物を撮影するときでも、手の部分は「写真1」を使い、足は「写真2」を使い、顔の表情は「写真3」を使うというようにすることができます。そういう合成がしやすくなるのがこの機能なのです。

 もちろん、多少の手直しは、手動で行う必要があります。しかし、レイヤーの不要な部分を消しゴムツールで消していくだけです。この機能があれば、写真の合成作業はたいへん簡単になります。





この記事はDTP-S倶楽部のコンテンツです。
画像のショットを含んだコンテンツをご覧になるには
DTP-S倶楽部にご入会ください。



◆DTP-S倶楽部のご入会については下記URLを御覧下さい。
http://www.incunabula.co.jp/dtp-s/club/club.html


■DTP-S倶楽部ブログにようこそ
http://dtp-s.seesaa.net/


◆編集メニュー[レイヤーを自動整列]で集合写真を重ねる
http://dtp-s.seesaa.net/article/41370702.html

*DTP-S倶楽部にご入会いただいたのち、お届けしたパスワードでログインしてください。










posted by 上高地 仁 at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | PhotoshopCS3新機能ガイド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。