2007年05月09日

Photoshop CS3新機能 ファイルメニュー[Zoomify]での書き出し

 [Zoomify]は、Webブラウザ用のファイルを書き出す機能です。画像の一部分を拡大表示できる画像ファイルを、ファイルメニューの書き出しで作成します。
 書き出されるファイルの構造は、

htmlファイル
イメージフォルダ


です。「_img」フォルダには、XMLファイルと分割された画像が含まれ、さらに、部分を拡大するための「.swf」の、つまりFLASHのファイルが含まれています。

 htmlファイルでは、Flashのファイルを呼び出しブラウザに表示します(表示するブラウザにはFlash Playerが必要)。ブラウザに表示するサイズは、[Zoomifyを書き出し]ウィンドウにある[ブラウザオプション]で指定します。元のサイズが「1000 pixel」あっても、ここで「400 pixel」指定すると、htmlの「table」サイズが「400 pixel」になります。

 分割された画像は、オリジナルの大きさに合わせて、「256 pixel」を単位としてタイルとして分割されます。元のサイズが大きいと、複数のサイズでダウンサンプルされたのタイル画像が「TileGroup0」に保存されます。たとえば幅が「1000 pixel」の画像を「400 pixel」で書き出すと、最小サイズ、中間サイズ、オリジナルサイズの3段階の画像を、タイル化して書き出すのです。

 htmlファイルをブラウザで開くと、画像の左上にナビゲータのサムネール画像が表示され、ブルーの枠で表示エリアが示されます。最大ズームにすると、Photoshopでピクセル等倍で表示したときと同じ状態でブラウザ表示ができます。また、画像の上にカーソルを持ってくると、人差し指のアイコンになり、画像の表示位置を移動させることができます。

◆ Zoomifyについては下記を参照ください。
http://www.zoomify.com/photoshop.htm





この記事はDTP-S倶楽部のコンテンツです。
画像のショットを含んだコンテンツをご覧になるには
DTP-S倶楽部にご入会ください。



◆DTP-S倶楽部のご入会については下記URLを御覧下さい。
http://www.incunabula.co.jp/dtp-s/club/club.html


■DTP-S倶楽部ブログにようこそ
http://dtp-s.seesaa.net/


◆ファイルメニュー[Zoomify]での書き出し
http://dtp-s.seesaa.net/article/41242037.html

*DTP-S倶楽部にご入会いただいたのち、お届けしたパスワードでログインしてください。









posted by 上高地 仁 at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | PhotoshopCS3新機能ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。