2014年09月20日

小栗虫太郎『人外魔境』Kindle化せり

 小栗虫太郎はすでにパブリックドメインになっているが、青空文庫にすべてラインナップされているわけではない。小栗虫太郎は戦前の「新青年」に執筆していた大衆作家の一人で、推理小説の三大奇書と呼ばれる『黒死館殺人事件』が有名だ。マニア向けなのか、青空化は途中で止まっている。

 『黒死館殺人事件』は探偵、法水麟太郎が活躍するシリーズの一つで、全十編からるが、『二十世紀鉄仮面』と『国なき人々』はまだ青空化されておらず、テキストを手軽には読めない。もっとも青空文庫のxhtmlは横組なので、なかなか本を読んだという気にはならない。

続きはこちらをご覧ください。




posted by 上高地 仁 at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。