2014年08月23日

「本日のKindle無料本、無料キャンペーン本」を起動しました

 Kindleでやく半年、Kindle本を出し続けてきました。Kindle本と言ってもセールスは自分でしなければなりません。アマゾンが売ってくれるわけではありません。アマゾンはアマゾンのKindle本のページに電子書籍を並べてくるだけです。KDPユーザーができることは「無料キャンペーン」だけです。KDPの「無料キャンペーン」は本当に効果があるのでしょうか

 Kindleでは無料キャンペーンが行えますが、無料キャンペーンのプロモーションは自分でおこなうしかありません。Kindleのサイトには現在行われている「無料キャンペーン」本を一覧するページは存在しないからです。Kindle本のサイトで「いましかダウンロードできない無料Kindle本リスト」があれば、「無料キャンペーン」をする度にそこにKDP本を並べることができます。そういうページがあれば、そのページだけ閲覧するユーザーが増えて、「無料キャンペーン」本のダウンロードは増えると思うのですが、いかんせん、そういうページはありません。

続きはこちらをご覧ください




posted by 上高地 仁 at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。