2014年04月15日

InDesignのソフトリターンはepubの改行に変換されるのだ

 KindleはKF8ではレイアウトの表示機能が強化された。これからの流れとしてはepubで表現可能はレイアウトは再現するのが当たり前になる。レイアウトの機能はほとんどがスタイルシートで指定する。したがって、スタイルシートをあらかじめ作成しておけばそれをcssファイルにペーストするだけで済む。InDesignでは段落スタイルにスタイルシート名を記入しておくと、あとは書き出したepub内のスタイルシートの内容を差し替えるだけでよい。

 Kindleのスタイルシートで可能ことは「ビューア別EPUB表示テスト(電書魂)」に整理されてまとめられている。Kindleで可能なレイアウトでスタイルシートを使うものに

テキストの回り込み
罫線囲み
罫線角丸囲み
表組
背景イメージ
ドロップキャップス
ボックスシャドウ
テキストシャドウ
重ね順指定
字間アキ・ツメ
縦中横

などがある。epubはテキストだけであれば作成は簡単だが、少しレイアウト要素を追加すると、作成が煩雑になる。htmlとcssを読んでレイアウトの仕上がりを想像できなけば、効率的な作業は望めない。とはいえ上記にあるようなレイアウトのリクエストを受ければ「できません」とは言えなくなることは間違いない。


続きはこちらから




posted by 上高地 仁 at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。