Flash vs Silverlightで過熱するMicrosoftの対Adobe戦略



 MicrosoftがAdobeのマーケットに照準をあわせてきていますね。OfficeやVistaにPDF作成機能を追加したのにつづき、対Flashアプリケーション、Silverlightも正式発表となりました。ますます、ヒートアップするMicrosoft vs Adobeの戦いは目が離せませんね。

 むかし、Adobeは、Microsoftに煮え湯を飲まされています。安価で高品位なアウトラインフォントを欲しがったMicrosoftのゲイツと、高価なPostScriptフォントのライセンスフィーに嫌気の差したAppleのガゼーとが結託してできたのが、TrueTypeフォントでした。あのとき、ワーノックは、TrueTypeフォントを指して

蝦蟇の膏だ

と言ったとか(『アップル(上)/ジム・カールトン著』182ページ参照)。

 大企業になると、成長しているマーケットを資金と人員を物量で投入し、弱小企業のマーケットを簒奪するのが基本的な戦略です。Microsoftでなくても、どこでも同じです。それが一番近道だからです。Microsoftは、過去にもワープロ、表計算ソフトなと、かつてはパートナーだった企業のマーケットを簒奪して成長しています。

 ですから、Microsoftがソフトウェア業界第二位の売上を持つAdobeのマーケットに参入するのは当たり前のことですね。かつてのソ連が不凍港を求めて南に侵略していったように、これは当然の理です。

 今のところ、MicrosoftがAdobeをキャッチアップできる可能性は小さいでしょう。しかし、ライバルのいないAdobeには、Microsoftの進出はいい刺激になると思いますね。話題性も高まるし、ユーザーにとってもメリットがありそうです。

 Microsoftも驚くような力業を披露するかもしれません。Adobeが

柔よく剛を制す

とうまくかわして逃げ切れるのでしょうか。Adobeも「Philo」というAdobe Media Playerを発表して、Flashの脇を固めつつあります。

 過熱する向こうには、YouTubeでいっきにふくらんだ動画マーケットがあるんでしょうね。まだまだ、Microsoftにとっておいしいマーケットとは思えませんけどね。

 TrueTypeフォントが発表されたときは、Adobeの株価は半値になったそうです。もうそんなことはないでしょうね。Microsoftが狙っているのは、Adobeのマーケットを奪うことではなく、大きな膨らんだマーケットのお裾分けかもしれません。Microsoftの顧客だけが使っても、ビジネスとしては成り立つでしょうから。あわよくば、とは思っていると思いますけどね。


◆MS、「Flash Player」に対抗する「Silverlight」を発表[CNET]
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20347201,00.htm

◆アドビ、オフラインでFlash動画を再生可能なプレーヤーを発表へ[CNET]
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20347182,00.htm





posted by 上高地 仁 at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。