混乱の真犯人は誰だその5 ユニコードは字形を追加するためにあるのだ



 最初に文字コードが議論されたときは、文字コードの数に制限があった。だから、字体を「包摂」して、字体数をシェイプアップするしかなかった。もし、最初から無限で文字コードが利用可能であれば、包摂などといわずに、字形をすべて採用したのではないか。もしそうだとすれば、JISの包摂主義は、ただの「方便」でしかない。

 JIS90で追加された2つの文字をご存じだろうか。「凜」と「熙」の2文字だ 「凜」はともかく、「熙」は「煕(区点63.70)」に異体字があり、読みも同じである。何かの理由があって採用したのだろうが、あえて追加する必要は感じられない。

 つまり、JISはそのときの状況に合わせて、採用する文字を適宜変更しているわけである。「凜」は「熙」は包摂されてしかるべき異体字ではないだろうか。必要があれば、包摂する基準はシフトするのである。

 私が思うのは、それは「正しい」ということだ。時代に合わせて、採用する文字は変えていけばいいのだ。なぜそれがいけない。既存の文字コードとの整合性を考慮しつつ、必要な字形は追加していけばいいのではないか。

 ただ、今回ミスったと思うのは、JISコード上で「例示字形」を変更するだけでなく、連動してユニコードの字形も差し替えてしまったことだろう。もちろん、そうしないと、印刷標準字形を差し替えた意味がないのはわかるが、ユニコードの字形を変えてしまったら、1つのユニコードに複数の字形を割り当てることになり、Vistaのよううな問題が起こることは予見できたに違いない。まあ、おそらくはそれを見越しても、変更せざるを得ない「事情」があったのかもしれない。

 しかし、変更した字形についてはJISコードのみを変更し、新規字形はすべて新しくユニコードポイントを割り当てれば、何一つ問題にはならなかったはずである。にもかかわらず、その選択肢は廃棄されたわけである。私はその時点は、JIS 2004は

空想の産物

化したと思っていた。それが採用されることはないだろうと、思っていたのである。

 一体全体、ユニコードがサロゲートペア領域を拡張して、百万字も文字を利用できるようにしたのは何のためなのか。包摂された「異体字」や既製事実化した「字形」を登録するためではないのか。諸橋大漢和や康煕辞典の文字に全部に文字コードを振りたいというような要望があるからではないのか。つまり、限りなく湧いてくる「字形」を、コンピュータ上で利用するためではないか。

 ちまたでよく言う「文字が足らない」は、実は「字体」が足らないのではなく、「字形」が足らないのである。もちろん足りないといわれる字形には、不要なものも多くある。第二水準以下の字形の大半は、一生使うことはない字形である。「盜」などの人名にも使われていない字形は、削除してもなんら差し障りがない。

 JISの包摂主義と同じように、ユニコードも包摂主義だとという意見もあるようだが、ユニコードは包摂主義ではない。そうではなく

ユニコードは無政府主義


である。つまり、ユニコードは字体や字形についての基準をなにも持たない規格なのである。明確な基準を持たず、言われるままにコードだけを提供する。今回の件で、ユニコードは単にJIS依存主義であることが明確になったわけである(そういう意味では、ユニコードも包摂主義であるというのは正しいが、JISは本当の意味では包摂主義ではない)。

 文字をほぼ無限に追加できるユニコードに包摂主義を持ち込むのは、はっきりいって

ナンセンス


である。



この記事へのコメント
「失楽園」の連載開始は1995年9月1日なので、それと人名用漢字やJIS X 0208の1990年改正を結びつけるのは、かなり変な気がするんですけど? そもそも「凛」が「凜」を包摂してるなんてこと、JISの制定過程から言って、ありえませんし。
Posted by 安岡孝一 at 2007年04月24日 13:41
 ご指摘ありがとうございました。私の記憶違いかもしれません。調べてみると、細川首相の就任も1993年でした。また調べてみて、ソースがわかれば、訂正しておきます。いまのところ確認できなかったので、該当する記述は削除しておきます。「凛」が「凜」が包摂関係というのは言い過ぎかも知れませんが、「JIS漢字辞典」では参照字形として掲載されています。
Posted by jin-k at 2007年05月01日 11:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38925721

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。