モニタが2台も余っちゃった



 先日、ハンディの鹿野宏さんと話していた。鹿野さんは、G5に3台のモニタを接続しているというのだ。2台はそのままで接続できるが、グラフィックボードを追加してもう1台、別のモニタも接続しているらしい。

マウスが届かないんですよ

とカメラマンの鹿野さんは言う。そりゃそうだ。大型モニタを3台も接続すると、横方向に約4,000ピクセル以上になる。端から端までカーソルを動かすとしたら、その分マウスも動かさないといけないことになる。
 メインのモニタはPhotoshop用、サブはBridge用、もう1台はパレット用だという。Bridgeをフル活用するには、専用のモニタが必要だろうな、と同感。Creative Suiteになって、複数モニタ時代がひたひた押し寄せているようだ。


DSCN0491.jpg

*鹿野さんのデスクトップ。メインが真ん中のナナオのL997(20インチ)かMultiSync LCD2690WUXi(23インチ)で、Bridge用が三菱電機株式会社 RDT26IWH。パレット用はナナオのL567(17インチ)を立て使いだそうです。



 鹿野さんと話をする少し前に、格安の中古のApple Cinema HD Displayを見つけた。

30インチで187,000円

である。キャンペーン価格であったが、「これはお買い得ではないか」と思うと無性に欲しくなった。

 実は、いま使っている旧型の22インチのApple Cinema Displayのリース更新を解約することにしたので、23インチに買い換えようと思っていたのである。InDesignでレイアウトするときは、22インチのモニタと19インチのモニタ(パレット用)で作業をしているが、最近22インチでは

狭い

と感じることが少なくない。まあ、単に23インチに買い換えたいと思う気持ちが、無意識に「狭い」と感じさせているのかもしれないが...。

 しかし、しかしだ。30インチはどうだろう。30インチでInDesignを使うとなると、これはもうスペースを気にする必要はない。23インチと30インチを比べるとこの違いはどうだろう。生産性も飛躍してアップするに違いない(そんなことはないか)。

 モニタ買い換えのタイミングでこのキャンペー価格はきっと、

30インチのApple Cinema HD Displayを買え


という天の声に違いないと意を決した。もし店頭に残っていればそれは私のために用意されたものに違いない、買いに行くことにしたのである。

 ところが、30インチはG5の最上位機種で使えないのであった。うちのG5は所詮、2GBのDualである。グラフィックボードが対応していないのである。そうなのだ。30インチのモニタなどを使うことは、いままで考えもしなかったので、そんな話は完全に忘れていたのである。対応するグラフィックボードは

ATI Radeon 9650以上、
NVIDIA GeForce 6800 GT DDL以上

なのであった。つまり、256MB以上のVRAMが必要なんである。いや、1920×1200の解像度でよければ、使うことはできるという。うぅ、それはなぁ...。2,560x1,600にしなくて、なんのための30インチか。あー、私のための30インチではなかったのだ。

 というわけで、23インチApple Cinema HD Displayを買うことにしたのである。中古は在庫がなかったので、サラでかってしまった。まあでも、新品でも11万円台半ばなので、以前から考えると安くなった。

 G5のモニタを22インチと入れ替え、22インチをPowerBookに接続した。ついでに机の下などを掃除した。ケーブルやコンセントも接続し直した。さらに、少し離れた場所にあったMac OS 9環境のQuickSilverを、G5のサブモニタに接続した。サブモニタを切り換えて使うことにしたのである。

 そうすると、いままでPowerBookに接続していた19インチの横長のモニタと、19インチのモニタが余ってしまったのである。まさか2台も余るなんてね。

 Apple Cinema HD Displayの23インチに接続して、InDesignを起動してみた。と言いたいところだが、まず、エピソード3を観た。とりあえず、最初のドックファイトシーンだけ。うーん、美しい。色だけでなく、ディテールも際だち迫力がある。古くなった22インチとえらい違いである。22インチもTVと比較すると、断然綺麗なのに、さらに高品質なのだ。

 ま、そのうち30インチのApple Cinema HD Displayを買ってやろう。いつになるかはわからないけどね。もちろん、DVDを観るためである。

◆ハンディの鹿野宏さんのページはこちら
http://www.handy3.com/















posted by 上高地 仁 at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。