■Illustratorの鉄則01:異なるバージョンでは開かない



あなた:印刷用のデータ作成でIllustratorを使うときに、最初に注意しなければならないことはどのようなことでしょうか。

マスターヨーダ:そうじゃな。印刷用のデータを作成する場合は、印刷用の高解像度の出力機から、正しく出力でできんといかん。PostScriptエラーなどがでないようにする必要がある。

あなた:なるほど。しかし、PostScriptエラーを完全に防ぐことはできるんですか?
マスターヨーダ:もちろん、完全には無理じゃろうな。しかし、同じバージョンのみを使うことで、エラーは少なくなるぞ。最初に作成したバージョンで開いて、変更したり修正したりして、ファイルを保存すればトラブルは少なくなる。

今では少ないが、かつて、5.5で作成したものを7.0で開いたり、それをまた5.0形式で保存して、5.5で開いたりすることしておると、出力できないことがよくあったのじゃ。

あなた:どうしてそんなことをするんですか?

マスターヨーダ:複数の人間がデータを使い回していると、全員が同じバージョンを持ってるとは限らんじゃろ。社内でも、マシンが変わると、Illustratorのバージョンが異なっていることもあるからのう。同じバージョンで作業し続けるのが一番なのじゃ。

あなた:バージョン違いで開いたとき、トラブルが起こる原因はなんなんですか。

マスターヨーダ:そうじゃのう。まず、上位バージョンから下位バージョンに保存したときとしよう。上位バージョンを9.0、下位バージョンを8.0とする。当然、9.0の透明などの新しい機能は、8.0には対応しておらんから、8.0で理解できるようにデータを変換するわけじゃ。

ところが、じゃな。Illustratorはバージョンが異なると、同じデータも同じ命令文を書くとは限らんのじゃ。そうすると、9.0でダウンバージョン保存すると、8.0で読めない8.0のaiファイルで保存される可能性があるわけじゃな。

あなた:しかし最近は、Illustrator 9.0や10.0で作成して、8.0にダウンバージョンし、それを8.0で開いてEPS形式で書き出して出力していることが多いと思うのですが...。あまり、そういうトラブルは聞きませんね。

マスターヨーダ:その通りじゃ。1度くらいであれば、たいていは大丈夫じゃが、異なったマシン環境やバージョンで開いていくと、出力エラーになるリスクは高くなる。下位バージョンとの互換性を、ベータテストで完璧に調べることは不可能じゃからな。9.0以降は内部的にPDFになっておるので、非互換の問題は少なくなっておる。

あなた:具体的に他にも注意したいことはあるんですか?

マスターヨーダ:あるある。Illustrator 9.0や10.0のドキュメントを、8.0で保存するときにも、トラブルはあるぞ。8.0から10.0までは、テキストエンジンは同じものが使われておるが、テキストの扱いでも注意点があるぞ。

たとえばじゃ。9.0ではATMの機能で、OpenTypeを利用することができる。しかし、8.0ではOpenTypeフォントを認識できん。9.0から8.0にダウンバージョンすると、OpenTypeは正しく表示できんことになるわな。ビットマップで表示されてしまうのじゃ。

tt01-03.gif

*Illustrator 9.0でOpenTypeを指定し、Illustrator 8.0で保存したドキュメントをIllustrator 8.0開いたもの。OpenTypeフォントの小塚フォントがビットマップで表示されています。

あなた:なるほど、そうですね。フォントは認識しているようですが、ビットマップ表示になっていますね。他にもあるのでしょうか。

マスターヨーダ:あるぞ、フォントではなく、画像の処理でも、ダウンバージョンするとトラブルが発生するのじゃ。

あなた:ダウンバージョンすると、画像でもトラブルがあるんですか? どんなトラブルなんですか。是非、教えてください。

マスターヨーダ:それはじゃな。●×△◆○=×...。というわけでじゃな。





この記事はDTP-S倶楽部のコンテンツです。
続きは、DTP-S倶楽部にご入会いただくとご覧いただけます。



◆DTP-S倶楽部のご入会については下記URLを御覧下さい。
http://www.incunabula.co.jp/dtp-s/club/club.html


■DTP-S倶楽部ブログにようこそ
http://dtp-s.seesaa.net/


◆■Illustratorの鉄則01:異なるバージョンでは開かない
http://dtp-s.seesaa.net/article/38555010.html

*DTP-S倶楽部にご入会いただいたのち、お届けしたパスワードでログインしてください。





Illustrator使いこなしの21の鉄則Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリに!
詳しくは下記をご覧ください。


◆Illustrator使いこなしの21の鉄則[インクナブラ]
http://bit.ly/nJNEDU
*App Storeでは「Illustrator」「鉄則」で検索してください。








posted by 上高地 仁 at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Illustrator使いこなしの鉄則
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。