みだれうち読書ノート【究極のマーケティングプラン/ダン・S・ケネディ著】



 昔、営業をはじめたころ、「ニーズ」とか「ウォンツ」という用語がよく使われていた。ものが足りない時代は「ニーズ」を満たせば売れた。水道哲学の時代であった。水道が空気のように当たり前になり、生活に必要なものは満たされていった。

 必要なものは満たされたあと、欲しいものが求められるようになった。「ライフスタイル」が闊歩した時代である。右にならえから個性が芽生えはじめた。人々が欲しがるものを提供すると売れるようになった。

 そして、とうとう欲しいものがなくなった。というより、売る側からすると、「どうしても欲しい」とものが少なくなり、人々が欲しいものが見えなくなったわけである。もちろん、欲しいものはあるとが、マスで捉えることができなくなったのである。

 それでも売らなければならない、ということで、生まれたのがダイレクト・マーケティングの手法だろう。



 客を分類すると

商品やサービスを知らない客
商品やサービスを知っている客
商品やサービスをよく知っている客


に分類できる。したがって、マーケティングの最初のステップとしては、「商品やサービスを知らない客」や「商品やサービスを知っている客」に商品やサービスをよく知って貰うになる。

 「商品やサービスをよく知っている客」を分類すると、どうなるかというと、

欲しくない、必要ない
条件があえば欲しい
すぐに欲しい


という具合に分けることができる。「欲しくない、必要ない」人は無視すればよい。「すぐに欲しい」人は商品を知って貰えば買って貰えるので、販売上はあまり考慮しなくてもよい。ここでは知って貰うためのスキルが必要になる。USPがその最大のツールだろう。効果的なUSPがあれば知らない人に、より詳しく知って貰えるので売上はアップする。

 売上をさらにアップするには「条件があえば欲しい」という客を、「すぐに欲しい」という客に変換することが重要になる。つまり、迷っている人に買って貰うのである。その手法として

特典を付ける
値上げする
顧客の声を掲載する


などの手法があるわけだ。まあしかし考えてみると、本当に欲しいかどうかわからない人の背中を押して買わせるわけだから、悪徳商法とは紙一重かもしれない。ただし現実には「迷い客」を「いますぐ客」にしなければ、買って貰えないものは少なくないのである。

 悪徳商法であれば、売り切り御免の売り逃げで済むが、実際のビジネスは、リピートオーダーが重要なので、商品と価格に納得して貰えなければ、ビジネスを継続することは難しいだろう。



 ダイレクト・マーケティングの本はたくさんあるが、全体を見渡してわかりやすく書いてある本は少ない。『究極のマーケティングプラン』は、ここ数年日本で取り上げられてきたマーケティング手法がことごとく網羅されている。というより、この本がネタ本なのである。

 ただ、いまこの本を読んで思うのは、モノを売るのはけっこう大変だ、ということだ。緻密にマーケティングプランを組み上げていかないと結果につながらない。適切なメッセージをお腹の空かせた見込み客に伝え、買って貰うために商品やサービスの価値を圧倒的な証拠を提示する。そして、キャンペーンを張って背中を押すのである。

 まるでジグソーパズルを組み立てるように、マーケティングを展開しなければならないのである。ひとつ間違えれば、売上は大きく変わってしまうことになる。しかし逆に言うと、企業のスケールメリットが生かすことができず、後発であってもトップに立つことが可能になるのだ。



 印刷業界でも、ネット受注が増え、ダイレクト・マーケティングは必須になるに違いない。受注単価が低くなれば、訪問営業することはできないからだ。

ダイレクト・マーケティングは関係ない

と考えている印刷会社は早晩、印刷業から撤退することになるだろう。訪問営業して売り込みをかける手法は、確実に効率的ではないから、いずれ採算が取れなくなる。受注確率の高い見込み客を探してから訪問する方法を編み出さないといけないに違いない。

 受注確率の高い見込み客を探す方法も、ダイレクト・マーケティングの手法になる。訪問せず、モーションをかけ、モーションをかけ、モーションをかけ、そしてクローズする。売り込まないでも、売れる方法を身につける必要があるだろう。

 もし印刷業から撤退して、別のビジネスをはじめるとしても、それは逃げられない。ダイレクト・マーケティングのノウハウは、どの分野で勝負するにしても、知っておく必要はあるのだ。



 というわけで、神田昌典監訳で、ダン・ケネディ本が3冊発行されています。これからの営業・販売の「常識」に取り残されないように、是非目を通していただきたいですね。


●究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル

究極のマーケティングプラン


●究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル
究極のセールスレター



●大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」

大金持ちをランチに誘え






posted by 上高地 仁 at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | みだれうち読書ノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38254872

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。