IllustratorのグラフィックスタイルとシンボルカタログをJIPPO Booksにアップ



 Illustratorのグラフィックスタイルとシンボル、そしてブラシには用意されたライブラリがあります。ただしこれらはパネルのオプションメニューからライブラリを選択してパネルを開いて指定します。グラフィックスタイルの中身はライブラリパネルを開かないとわかりません。そこで以前グラフィックスタイルとシンボルについてはCS4をベースにして一覧を作成し『DTPオカジオネル』に掲載しました。それをSakuttoBookで作り直しJIPPO Booksにアップロードしました。

  グラフィックスタイルはオブジェクトに指定する複数の塗りや線の設定をパッケージ化したものです。登録しておくと一度に複雑な設定を指定できます。ライブラリにはいくつものグラフィックスタイルが用意されていて、これを開くとグラフィックスタイルの使い方がよくわかります。そのまま適用してもいいし、アピアランスを開いてカスタマイズし再度グラフィックスタイルとして登録してもいいでしょう。グラフィックスタイルで作成すると便利な設定を知る上ではデフォルトのライブラリは是非知っておきたいものです。

 デフォルトで用意されているグラフィックスタイルライブラリは

3D効果[CS3/CS4]
初期設定グラフィックスタイル
イメージ効果[CS3/CS4]
アーティスティック効果[CS3/CS4]
テクスチャ[CS3/CS4]
ネオン効果[CS3/CS4]
ボタンとロールオーバー[CS3/CS4]
光彩スタイル1[CS4]
光彩スタイル2[CS4]
文字効果[CS3/CS4]
落書き効果[CS3/CS4]
追加/追加の塗りブラシ[CS4]


になっていて、CS3とCS4では少し違います。CS6には「フォルスター_パターンスタイル」が追加されています。もともとスウォッチ内のパターンに含まれていたスタイルですが、アイテムを追加してグラフィックスタイルにリストされています。『Illustrator CS3/CS4グラフィックスタイルカタログ』ではCS3とCS4に用意されたグラフィックスタイルを一覧できます。


130920-01.gif
*JIPPO Booksのサーバ本棚。『Illustrator CS4シンボルカタログ』と『Illustrator CS3/CS4グラフィックスタイルカタログ』は無料でダウンロードいただけます。

  ↓

130920-03.gif
*『Illustrator CS3/CS4グラフィックスタイルカタログ』の「アーティスティック効果」のページ。iPhone 5で表示したもの。センターをタップすると拡大画像を表示します。

 シンボルはオブシェクトをそのまま登録したものです。パネルからドキュメントにドラックするとアートワークとして配置できます。シンボルのメリットはシンボルを編集することができるということです。複数の位置に同じシンボルを適用し、パネル内のシンボルアートワークを更新すると、すべてのシンボルが差し変わります。実用的なのはボタンやアイコン、矢印などです。すでに用意されたものをカスタマイズすると簡単にオリジナルのデザインができます。

 デフォルトで用意されているシンボルライブラリは

3Dシンボル
Webアイコン
Webボタンとバー
お祝い
アートテクスチャ
コミュニケーション
チャート
ティキ
ドットパターンベクトルバック
ネットワーク
ファッション
マッドサイエンス
モバイル
リーガルベクトルパック
レトロ
ロゴエレメント
光彩フローチャート
光彩リボン
光彩組織図
原始的
地図
家宝
寿司
明るいベクトルバック
暗いベクトルバック
書類アイコン
矢印
自然

髪と毛皮


があります。CS6では線画の「ネットワーク」がありませんが、概ね大きな違いはありません。

130920-02.gif
『Illustrator CS4シンボルカタログ』の「Webボタンとバー」の一部。そのまま使ってもいいですし、参考にもなります。

 『Illustrator CS4シンボルカタログ』と『Illustrator CS3/CS4グラフィックスタイルカタログ』はJIPPO Booksからダウンロードできます。無料です。ページのセンターをタップすると、拡大画像を表示します。拡大画像はiPadのRetinaの解像度で作成しています。ディテールを確認したいときはセンターをタップしてピンチアウトしてご覧ください。なお、印刷した一覧はDTP-S倶楽部にご入会いただくとお送りできます(在庫限り)。

JIPPO-Books1309.gif


◆DTP-S倶楽部のご案内
http://www.incunabula.co.jp/dtp-s/club/club.html

◆JIPPO BOOKS(十方ブックス)[iTunesプレビュー]
https://itunes.apple.com/jp/app/jippo-books-shi-fangbukkusu/id631021450?mt=8

 




posted by 上高地 仁 at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Illustratorトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。