W52TのmicroSDカードを買う



 先日、携帯を買い換えました。auのW52Tという一番高い機種です。いままで、携帯にはお金をかけないようにしていたのですが、さすがに外部メモリがない機種では、カメラで撮影しても、実質的に使い物にならないので、そろそろ潮時かと思って、最新型にしました。

 VGAモードで約1時間も録画できるので、オモチャ代わりになりそうです。どこまで使うのかわかりませんが、ビデオカメラがそのまま携帯に付いているようなものです。

image-04.jpg

 内部メモリが1GBあり、さらにmicroSDカードにも1GB以上差し込めるので、けっこう長く録画できます。ただ、実際に撮影してみると、長い時間では、腕がつかれました。いくら携帯でも3インチのモニタを搭載しているのでけっこう重いですね。

 それと、VGAモードではズームが効かないので、メモ代わりに取るのはいいかも知れませんね。画像はMPEG-4で保存されるので、パソコンで見るには十分です。アクオス携帯のように、ワンセグを外部出力できないことが残念なくらいで、それ以外は重いことを除けば満足です。

 というわけで、撮影した画像をパソコンに接続して見るには、microSDカードが必要なので買いに行きました。二千円くらいで買えるだろうと思って、ソフマップに行くと、1GBでなんと五千円もするじゃないですか。

 おかしい、Webで価格を調べたときは、二千円くらいだったぞ、と思い、ふと下を見ると、やはり、二千円ものがありました。さらに、千五百円ものも。

 手近に店員がいたので、「この価格差はなに」と聞くと、

国産物は日本製の製品には動作保証があるんですが、安い海外物は汎用で製造されているので、動作保証できないんです。

と苦しい弁明。microSDカードがではじめた頃ならいざしらず、いまだと「関係ないだろ」と思ってしまいますね。ということで、二千円のmicroSDカードを買いました。microSDカードって本当に小さいですね。こんなものに1GBのデータが入るなんて、何とも言えない時代になりました。

 せっかく買ったんだから、なんか使い道を考えないといけませんな。W52Tで本の解説なんかを撮影してみるかな。固定する道具があればできそうですね。





posted by 上高地 仁 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。