Apple Developer、金を払っている開発者には時期を明確にした再開計画を提示すべき



 iOS Develop Centerが閉鎖されたのは今月(7月)18日で、一週間を過ぎたがまだ解決していない。現在アクセス可能なのはiTunes ConnectとBug Reporterだけで、それ以外は復旧の見込みすらよくわからない。

 問題なのはアップデートの計画はあるが時期は明言しないことだ。Appleは相変わらず無言実行が座右の銘らしい。もう一週間もたっているのだから、金を払っている開発者には、時期を明確にした再開計画を提示すべきではないのかと思うけどね。

  もっとも攻撃方法が解析できなくて、対処の目処すらたっていない、なんてことはありうるだろうか。ユーザーとして対処の目処はたっているが、ポリシーで再開時期開示していないことを希望するしかない。

 iTunes Connectは使えるので既存アプリのアップデートやアプリ内課金コンテンツは追加できるが、新規アプリは作成不可。『Identifiers & Profiles』が使えないので、プロビジニングプロファイルが作成できない。新しいアプリの作成はできない。さらに『Certificates』もいかれているので、Macintosh内の証明書に不具合があったとき、証明書を再度アップロードできない。実質的にアプリの申請はできないに等しい。

 少し前に『Certificates』と『Identifiers & Profiles』は大幅にリニューアルして証明書の作成方法やプロファイル作成方法が少し変更されたが、リニューアルすると、このあたりも変更されるのだろうか。それともログインに複雑な手続きを要求するのだろうか。いまでも複雑なのに、さらに複雑になりそうだ。

 売上の伸び率が低下し、今度登場する新製品がどのように業績に付与するのかは見えないが、Appleは時間をかけても十全の対策をとりそうである。こんな状況が長く続くようであれば、年間の開発者フィーの一部返還という話もでてきそう。日本企業じゃないから、それはないかもね。



◆アップル、攻撃を受けた開発者サイトやサービスの復旧計画を発表
http://japan.cnet.com/news/service/35035095/


 

PS.翌日の27日にAppleからメールが来て、ほぼ立ち直りました。iOS Dev Center、Mac Dev Center、Safari Dev Center、Certificates, Identifiers & Profiles、Software Downloadsがアクティブになっています。


 




posted by 上高地 仁 at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。