Creative Suite2はVista非対応で高まるMicrosoft vs Adobe



 AdobeはVistaに対して、Creative Suite2をサポートしないことにしたようです。クリエイティブな客がVistaを使う率は少ないと考えられるので、積極的な対応は見合わせるようですね。

 まあ本音は、現行バージョンを無理してVistaに対応してもAdobeにはメリットがないということでしょう。Adobe製品をVistaで使いたい人は、

Creative Suite3をどうぞ

ということでしょう。

 ただ、Adobeにすると、VistaやOfficeにPDF作成機能をバンドルして、いままで育て上げてきたAdobeのPDFマーケットに対して

鳶が油揚げをさらうようなMicrosoftの姿勢

には、距離を置きたいということもあるかもしれませんね。

 Adobeにとっては、PDFはAdobeのビジネスの中核にある唯一プラットフォームですから、MicrosoftがPDFに接近するのは気持ちいいものではないでしょう。

 AdobeのCEO、ブルース・チゼンは、「Microsoftは本当にAdobeのクリエイティブな顧客層を追ってくると思いますか。」という質問に対して、「わからない」と答えていますが、明らかにMicrosoftはAdobeのユーザーを取り込みたいと思っているでしょう。

 もしあなたが、Microsoftの経営者だとすると、急成長してきたAdobeのマーケットは欲しくないですか。欲しいに決まっているじゃないですか。取り込めるものは取り込むのが、Microsoftの立場です。オープン化されたPDFの作成機能を、OSにバンドルしない方が間違った行為でしょう。

 Adobeが、PDFとFLASHを統合しようとしているのは、Microsoftが追撃できないステージに移行するためでしょうね。つまり、それがApolloですね。

 ただ、ユーザーの立場からいうと、AdobeとMacromediaが合併してしまい、無風地帯になりそうなこの業界にMicrosoftが参入するのは歓迎すべきことですね。Photoshop」をウェブアプリ化なんでいうのは、Microsoftの参入がなければなかったかもしれませんからね。



◆アドビ、「Creative Suite 2」のVista対応は無し--アップグレードを推奨
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20345557,00.htm


◆チゼンCEO、アドビのオンライン戦略を語る
http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000055954,20345134,00.htm


◆アドビ、「Photoshop」をウェブアプリ化へ--無償版として提供予定
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20344303,00.htm







posted by 上高地 仁 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。