iBooks AuthorガイドブックPDF版先行ダウンロードします



 『これだけでできるiBooks Author作成ガイドブック』だが、なんとかテキストが完成した。最終的に160ページになり、最初の予想よりページ数は大幅にアップ。こんなに書くことがあっただろうかと思うが、書いていくうちに入れたいものが増えてしまった。

 iBooks-Author_cover100.gif iBooks Authorの使い方はそれほど複雑ではない。InDesignに比べると、天と地ほど違いがある。InDesignは毎日のように触っているので、機能を忘れることはないが、使っていない機能はやまほどあるし、使ってない機能がどの程度役に立つのかは調べてもいないので、実は使いこなせずに損をしているかもしれないが、すべての機能をマスターできるわけではないので、ある程度のあきらめは必要だろう。

 しかしiBooks Authorは違う。できたてのソフトで機能は少ない。Pagesの機能を絞り込んでiPad専用にしたと思ってもそれほど遠くはないのではないか。もっともPagesは使っていないので、それは憶測に過ぎないが、ツールバーのアイコンとかは同じなので、あながち間違いではあるまい。

 iBooks Authorのもっとも画期的なところは、やはりHTML5ということになりそうだが、電子書籍を作成するためには、それ以前に必要になるスキルがある。それはレイアウトを思った通りに仕上げるということである。iBooks Authorでできることとできないことを知っていないと、簡単にブックを作成することはできない。

 いやテンプレートを開いて、そのまま画像を差し替え、テキストをペーストするだけであれば、作成は極めて簡単である。レイアウトの自由度はあまりないので、チャプタとセクションの表題ページをレイアウトすれば、あとはテキストのみで、その上に画像やウィジェットを乗せていくだけである。

 そういう意味ではiBooks Authorのブック作成の基本はHTMLと同じだろう。チャプタやセクションがHTMLの1ファイルだと考えれば理解しやすい。HTMLで作成したものを、iPadに最適化して読ませるためのツールなのである。実際の書き出しもXHTMLで、表示方法がiBooks 2で指定されているわけである。

 EPUBは「船頭多くして船…」みたいなところもあって規格化では議論百出する。Dashcodeのアプリをそのままファイルフォーマットにぶち込むというようなことはまず考えられない。iPad専用にすれば、規格に縛られなくておいしいところだけ摘めるということになる。iPadのシェアの高さがあってこそできることだ。

 このテキストはiBooks Authorを触っていてわかりにくかった点を中心にまとめてある。わかりにくいと感じたのは個人的な視点ではあるが、ヘルプには書かれていなことは検証して調べた。画像を貼り込むにしても

貼り込みできるフォーマットは
クリッピングマスクの処理は
背景のない透明を持った画像は
テキストの回り込みは
画像をウィンドウで表示するには
横向きで配置した画像を縦向きで表示するには


とかヘルプにはっきり書かれていないことがけっこうある。できるだけ実際のデータを作成してテキストの中に組み込んだ。

 テキストにしてもハイパーリンクするとフォントが変わってしまう「問題」もあった。基本テンプレートで本文フォントをヒラギノ明朝で指定する。テキストを選択してハイパーリンクを指定すると、ハイパーリンクテキストはなんとGerogiaに変わってしまうのである。

 ハイパーリンクすると、文字スタイルの「ハイパーリンク」が適用されるようになっているが、文字スタイルなのにフォント指定が含まれているのである。iBooks Authorの文字スタイルはフォント属性をすべて指定可能だが、通常はフォントはそのままにすべきものである。

 フォントがGerogiaに変更されると、iBooks Author上では明朝で表示するが、文字送りが変わってしまう。さらにiPadではGerogiaはヒラギノ角ゴで表示されてしまうのだ。他のテンプレートにもいくつか同じような指定があった。こういうことは使ってみないとわからない。その辺りも配慮して、日本語版のテンプレートを作成した。ライブラリのマイテンプレートフォルダに移動するだけで、テンプレートセレクタに表示可能だ。

 テキストが完成したので、お申込みいただいた方には、先行タウンロードページをご案内することにした。まだ、検証ファイルの整理などがあるので、プリント版とCDの発送はもう少し後になるが、PDFで先に読んでいただきたいと思い、アップロードした。

 ついでに、デフォルトテンプレートの段落スタイルを日本語フォントに差し換えたテンプレートファイルもダウンロードできるようにした。無償でダウンロードいただけるのは「基本」だけで、テキストのバンドル版は6種類すべて含まれている。したがってそのままiBooks Authorで日本語のブックをすぐに作成してしていただけるはずである。

120306-01.gif
*日本語フォントに差し換えたテンプレート。ブックタイトルもわかりやすく日本語にした。カスタマイズしたテンプレートは、表紙のサムネールがそのまま表示される。

 『これだけでできるiBooks Author作成ガイドブック』をお申込みいただいた方には、ダウンロードページをメールでご案内している。もしお申込みいただいてご連絡が届いていない場合は、ご連絡いただきたい。


◆書籍のご案内:iBooks Author作成ガイドブック入門編
http://bit.ly/yBejjw


ブログにiBooks Author関係の記事をまとめてあります。ご興味があればご覧ください。また書籍の一部もWebサイトにアップしています。


◆これだけでできるiBooks Author作成ガイドブック入門編Web版
http://bit.ly/AeTPX6

 



posted by 上高地 仁 at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。