「抜きなし透明グループ」と「Null 透明効果あり」は同じか



 Acrobat X Proの[出力プレビュー]にあるオブジェクトインスペクターを使うとき、リストの最初に「抜きなし透明グループ」という表示が行われる。PDF内の同じオブジェクトをAcrobat 9 Proのオブジェクトインスペクターでクリックすると、「抜きなし透明グループ」がトップにリストされることはない。「抜きなし透明グループ」とはいったいなんなのだろうか

  Acrobat X Proで「抜きなし透明グループ」が表示されるとき、

描画カラースペース :デバイスCMYK
描画モード :標準


と表示されている。「描画カラースペース」はPDFのカラースペースを表示している。ここでは「デバイスCMYK」とあるので、ICCプロファイルが埋め込まれてないCMYKモードのプロファイルであることを示している。「描画モード」は「標準」となっている。ここでいう描画モードはPhotoshopやIllustratorの透明パネルにある描画モードのことだろう。であれば「標準」は適用されてないことを示しているはずだ。

120118-01.gif
*透明オブジェクトを選択していないのに「抜きなし透明グループ」がリストされる。

 この「抜きなし透明グループ」はリストの最上位におかれていて、表示されるときは「描画モード :標準」ということで、透明が使われていないことを宣言している。Acrobat 4.0互換の場合は表示されないようなので、PDFに透明が使われていることを現れているだけのようだ。

 いくつかのPDFで試してみたが、Acrobat 4.0で保存したPDFではリストされず、Acrobat 5.0以降でも、ページ内に透明があるときだけオブジェクトインスペクターの最上階層にリストされた。透明オブジォクトを選択していない場合でも、「抜きなし透明グループ」はリストされる。

 実際の透明効果の内容は、オブジェクトインスペクターで透明オブジォクトを選択して表示すればよい。描画モードが使われていればそれが、半透明が使われていれば「アルファ」としてリストされる。

 もともとオブジェクトインスペクターはクリックしたオブジェクトのデータ属性を表示するものであるにも関わらず、なぜページ内に透明があるときに「抜きなし透明グループ」として表示するのだろうか。クリックしたオブジェクトに透明がなくても「抜きなし透明グループ」が最初にリストされるのはなぜなのだろうか。

 プリフライトには「Null 透明効果あり」というカスタムチエックがある。「Null」というのはカラという意味なので、透明効果なのだが、描画モードも不透明も使っておらず中味はなしということになる。「透明効果なし」と「Null 透明効果あり」の違いは実質的にはなにもない

120118-02.gif
*プリフライトのカスタムチェックにある「Null 透明効果あり」

 「抜きなし透明グループ」はおそらくプリフライトにある「Null 透明効果あり」と同じものではないだろうか。訳語がなぜ異なっているかわからないので、ひょっとすると違うものなのかもしれない。しかし意味するところは同じであり、同一のものである可能性は高い。

 透明はあるが、使ってはいないという「Null 透明効果あり」という設定がなぜ必要なのかはよくわからない。憶測するに、透明ではないが透明の影響を受けるということではないか。ページ内に透明があってラスタライズ一杯で透明を分割・統合すると、透明が使われていないオブジェクトは画像に変換されてしまう。したがってオブジェクトに透明が適用されていなくて、出力時に画像化される可能性がある考えると自然だろう。

 PDFのページ内に透明があるとき、なぜAcrobat X Proから「抜きなし透明グループ」を最上階層にリストするようになったのか。それはおそらくカラーモードに関係しているのではないか。単に透明の影響を受けるおそれがあるだけであれば、「抜きなし透明グループ」だけをリストすればよい。そこにカラーモードを表示させる理由はどのようなものなのだろうか。

 透明を分割・統合するとき、分割時のカラースペースを適切に選択しなければ、適切に透明効果を分割できない可能性がある。透明分割時のカラースペースは[出力プレビュー]の[透明変換用カラースペース]で表示されるが、このカラースペースとページ内のカラースペースを合致させるために表示するようになったのではないだろうか。

 いずれにしても、オブジェクトインスペクターの表記についてはもっとわかりやすいヘルプなり解説は不可欠だと思うが、開発元にも使い方を理解しているスタッフはほとんどいないのかもしれない。

 
 


タグ:Acrobat X Pro

posted by 上高地 仁 at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Acrobatの鉄則
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。