2012年01月05日

あけましておめでとうございます、今年もiPad旋風は吹くのか

 とうとう破滅の年、2012年になりました。マヤの予言は果たされるのでしょうか。そんなことはないと思いますが、波乱は続きそうです。ヨーロッパの財政危機は世界経済をまだまだ揺るがしそう。アメリカもAppleとGoogle、Amazonは元気ですが、それ以外は大きな成長株はなさそうです。IT関係では新しいサービスが生まれて話題をさらうかもしれませんけどね。

 ここのところ世界の果てでおこった出来事が、予想外のところに影響するようになっています。「風吹けば桶屋が儲かる」というより、「風吹けば桶屋が損する」みたいなところがつらいですな。世界が一つになるための産みの苦しみだと考えたいですね。


 今年は前半はiPad3の噂で持ちきりになりそうです。Kindleは12月に400万台以上を販売し、タブレットニーズの大きさを証明しました。Amazonは販売数をダイレクトに言うことはあまりありませんが、今回はKindleの販売数をアナウンスしました。大きな手応えがあったのでしょう。

 日本ではいまのところKindleは買ってもあまり使い物にならないので、iPad3に大きな期待がかかりそうです。日本でのKindle Booksは予想外に難産になりそう(iBookstoreも同じかな)。日本でもけっこうiPad2は売れましたが、iPad3の販売動向をみると、マーケットの懐を知ることができそうです。


 というわけで一字決まりの替え歌を一句。

吹くからに 紙の書籍の しをるれば
むべiPadを 嵐といふらむ


Kindle派の方はiPadをKindleに置き換えて

吹くからに 紙の書籍の しをるれば
むべKindleを 嵐といふらむ


 それでは今年もよろしくお願いいたします。



◆Kindle、12月に400万台以上販売 電子書籍ダウンロードは過去最高に
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1112/30/news009.html


◆発売時期は?機能は? アイパッド3めぐり飛び交う予測
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120105-00000010-cnn-int


 


posted by 上高地 仁 at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。