SakuttoPubliパーソナル代行ビジネスのご提案



 SakuttoBookを使ってiPhoneアプリの作成と申請の代行サービスを始めます。電子書籍についてはもっとも重要なことは

マネタイズ

だと思っています。作成した電子書籍が売れなければお金は回りません。お金が回らなければビジネスとして続かないことになります。

  日本では電子書籍だけでなくデジタルコンテンツのマネタイズが可能なのはApp Storeだけです。電子書籍についてはさまざまなプラットフォームがありますが、大手出版社の手がけているプラットフォームは、誰でもが参入できるものではありません。供給側の参入障壁がなく、ちゃんとコンテンツが売れるマーケットはiPhoneだけです。

 パブーのように自己出版のコンテンツがのびているプラットフォームもありますが、EPUBやPDFでのコンテンツに値段を付けるのはもう少し時間がかかりそうです。iPhoneのブックアプリで有料ブックアプリの数万部のダウンロードは珍しくありませんが、パブーの有料コンテンツで数千部売ったという話もききません。

 配信する立場から言うと

売れると嬉しい

わけです。当たり前ですが、売れるということはそのコンテンツに価値を認めていただいたということです。ですから、売れて欲しいと願います。となると売れるマーケットと売れないマーケット、売れるマーケットともっと売れるマーケットがあれば、どのマーケットを選択すればいいでしょうか。選択すべきは

もっとも売れるマーケット

です。いまのところ、それがiPhoneアプリ(iOSアプリ)です。



 ただしiPhoneアプリには障害があります。きわめて高い参入障壁です。どんな障壁かというと

Xcodeでのアプリ作成
iTunesでのアプリ申請


という険しい障壁です。Xcodeでプログラミングが必要で、プログラマでも途中で折れそうになるのがiTunes Connectでのアプリの申請です。慣れればそうでもありませんが、最初は断崖絶壁のようにそびえ立っています。さらに

ブックアプリスパム障壁

もあります。これらを乗り越えなければなりません。それを乗り越えるためのサービスが

SakuttoPubliパーソナル

です。アプリの作成と申請はSakuttoBookを使うことで代行は簡単です。

電子書籍はリフローだよ

そうですね。あなたの意見は間違っていません。せっかくデジタルコンテンツにするのであれば、EPUBのように複数のデバイスでも最適化して表示したいし、テキストサイズも変更したいと思います。でもそれで電子書籍が売れるのでしょうか。それが電子書籍を売るためのキラーファンクションですか。買っていただくためにもっとも優先順位の高い要素はリフローではないでしょう。

 重要なことはまず人通りの多い店に電子書籍を並べることです。並べて売れればあとからリフローにすることもできます。最初にSakuttoBookで作成してあとからMCBookに切り替えてアップデートすることも可能です。やったことはありませんが、多分可能でしょう。AppleにとってはブックアプリはリフローもPDFも画像もテキストがあってページめくりされれば同じ特徴を持っていることになるからです。アップデートするとき、アプリ名を変更して内容を差し換えることも可能です。

 もう一つの参入障壁である「スパム障壁」はどうすればいいでしょうか。これは発行者がiOS Developer Programのアカウントを申請するしかありません。年間10,800円です。ここはいまのところどうしようもありません。

 しかしあなたがXcodeを使ったりする必要はありません。ややこしい申請も不要にすることはできます。iOS Developer Programのアカウントさえ取得していただければそれ以降の代行は可能です。



 さてこのブログをお読みいただいている方には印刷会社やデザイナーの方が多いと思います。電子書籍は関係ないと思っている方もきっと多いでしょう。僕からの提案は





SakuttoPubliパーソナルの代行をしませんか





という提案です。あなたはXcodeでのアプリを作成したり、申請する必要はありません。iPhoneサイズのPDFを作成していただくだけです。PDFの作成費を著者の方に請求してもいいですし、印税の一部をいただくという契約もあります。もちろん両方でもかまいません。

 SakuttoPubliパーソナルでは最大で販売価格の50%をお支払いすることにしています。その印税を振り分けていただければと思ってます。アメリカの出版社経由の電子書籍の印税率は25%程度ですから、折半してもけっして低いものではありません。

 あなたのお知り合いに「有名人」はいませんか。特定の業界や業種でカリスマとよばれるような方です。そういう方のコンテンツはiPhoneアプリにすれば必ず売れます。最初に述べたようにiPhoneアプリは売れるマーケットですが、参入障壁が高いので、競争が少ないのです。あなたがその有名人のiPhoneアプリをプロデュースしませんかという提案です。

 できればWebでたくさんのアクセスを持っていると売るのは簡単です。部数の多いメルマガ発行者、アルファブロガーのいった方です。Web上にあるコンテンツを整理するだけでアプリ化することが可能です。Webにコンテンツの一部があれば、ネットでアクセスを集めてiPhoneで決済できます。

 僕の方でもiPhoneサイズのPDFは作成しますが、原則的にテキストをInDesignに流し込む作業くらいしかしません。せいぜい柱を追加するくらいです。指定通りにレイアウトする場合は別途費用をいただくようにしています。ですから、SakuttoPubliパーソナルの代行は十分可能です。

 もし売れる電子書籍をいくつか捕まえることができれば、あなたの印税収入にもなります。お申込みいただいた方には、App Storeで売るためのノウハウも提供していく予定です。


◆SakuttoPubliパーソナル:iPhoneブックアプリ開発・申請代行はお任せ下さい。
http://bit.ly/swjdFW


 なお、キャパがいっぱいになりそうな場合は、お申込を一旦中止する場合もあります。お申込は早めにお願いいたします。


 また、SakuttoPubliパーソナルのサービス開始に伴い、SakuttoBookは来年より値上げさせていただきます。

 



posted by 上高地 仁 at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。