InDesignCS5.5対応 SpicyLibraCS5.5バージョンアップ版提供開始



外字切り替え.jpg
====================================
報道関係者各位

プレスリリース

2011年10月24日

有限会社スパイシーソフト
====================================
InDesign対応自動組版ソフトSpicyLibraCS5.5にて外字自動切替!
http://www.spicy-inc.jp
====================================
有限会社スパイシーソフト(本社:東京都大田区、代表:小澤靖)は、InDesign対応
自動組版ソフトSpicyLibraCS5.5へ外字自動切り替え機能を搭載したバージョンアッ
プ版を10月24日より提供開始しました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■SpicyLibraCS Ver5.5 バージョンアップ概要
 外字を多く使用する可能性のある人名処理では、外字エディターなどに作成したレ
ガシーな人名外字を使わざるを得ないケースがしばしば発生します。今回のでは、標
準・カスタム人名処理において、煩雑な外字の書体変更を自動的に行う機能を追加し
たほか、外字の取り扱いに関するユーティティ機能を設けました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■SpicyLibraCS Ver5.5 バージョンアップ新機能
  1.標準・カスタム人名字取機能に、外字(UNICODE使用領域 U+E000 〜 
U+F8FF)の文字に対して、パラメータで設定した外字フォントを自動的に適用するこ
とを可能としました。
  2.UNICODE変換テーブルにて、従来2バイトのUNICODE文字しか変換先対象とし
ていませんでしたが、4バイトのサロゲートペア文字を変換先文字として設定するこ
とを可能としました。
  3.ユーティリティ機能に、CSVファイルなどをチェックし、外字文字列に対し
て文字スタイルタグ等のSpicyTagの挿入、UNICODE変換テーブルを利用してShiftーJ
ISをサロゲートペア文字を含んだUNICODEファイルへの変換、さらには、InDesign
ドキュメントを検索し、外字文字列に対して指定されたフォントの適用を行う、と
いった機能を追加しました。
  4.標準人名字取処理にて、モノルビのサポートを行いました。
  5.バーコードCode39の処理時、これまでエラーとして扱っていたスタート・ス
トップキャラクターのないデータに対して、A〜D(a〜d)の文字を付加できるように
しました。
  6.PDFを同時作成する場合、PDFファイルをInDesignドキュメントとは異なる
フォルダーに作成できるようにしました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■『SpicyLibraCS Ver5.5』の稼動条件
Windows OS XP(sp3)/Vista(sp2)/Windows7
  (ただし、64ビットOSでは、32ビットプログラムとして稼働)  
.NETFramework 4.0  
InDesignCS5.5_J(Ver 7.5)  
MDAC2.8
データベースファイル利用の場合:AccessDatabaseEngine, SQL Server 2005/2008
R2 Express Edition(インストールディスクに格納)
dxfファイルを使用する場合:Microsoft Office 2010 Visio
Excelファイルへの変換処理を行う場合:Microsoft Office 2010 Excel
イメージバリアブルを行う場合:Adobe PhotoshopCS5 または Adobe Illustrator
CS5
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■価格
SpicyLibraCS Ver5.5 新規購入 207,900円 (消費税込)
SpicyLibraCS Ver5.5 Ver4.0/4.1/5.2よりのアップデート購入 103,950円 (消
費税込)
Ver3.0以前からのお買い求めは新規購入扱いとなりますのでご注意ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■評価版
弊社ホームページよりダウンロードしてお使いいただけます。
ただし、ご購入時に送付させていただくインストールディスクには入っております
が、Webサイトのディスク容量の関係で、.NET4.0などのモジュールに関しては同梱さ
れていません。別途、Microsoft社からのダウンロードが必要となる場合がございま
す。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■商標
スパイシーソフトは、有限会社スパイシーソフトの登録商標です。
SpicyLibraは、有限会社スパイシーソフトの登録商標です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■【お問い合わせ先】
有限会社スパイシーソフト
TEL:03-6450-0834 FAX:03-6450-0834
info@spicyーinc.jp
http://www.spicy-inc.jp
〒143-0011東京都大田区大森本町1-8-12-S104
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■【プレス用画増】
報道関係の方で、SpicyLibraCSに関する画像をご入用の方、
詳しい資料、画像等が必要な方は、メール、電話にて、何なりと
お申し出下さい。ご用意させていただきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――




posted by 上高地 仁 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) |  製品のニュースリリース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。