EPUB2とEPUB3でするインラインルビ作成講座、組み込みアプリにする



 EPUBではルビはそのままXHTMLにルビタグを追加すればいいが、ルビレイアウトを調整することはできない。EPUB3ではいくつかのプロパティが用意されているが、それでも一般的なルビは中付きで表示される。中付きと肩付きを使い分けるには、インラインルビを使うしかない

  一般的にはルビは中付きで、つまりセンター合わせで付けられる。しかし肩付きや両端揃えで付けることもある。EPUBでは今回のバージョンではルビレイアウトはあまり複雑にせず、ルビの指定は親文字に対してルビ位置の指定のみとなっている。ルビ文字の行揃えはプロパティにはない

 そこですべて肩付きにして表示したいと思っても、EPUBの基準では指定できない。ビューワーでそういう機能を持たせるしかない。そうすると強制的に肩付きにするには、スタイルシートで指定するしかないことになる。その方法がスタイルシートのインラインテーブルである。ルビタグにインラインテーブルを指定し、親文字とルビ文字のレイアウトをそれぞれ指定すればよい。インラインテーブルを使うと、ルビ位置を肩付きもしくは中付きに指定し、iBooksやStanzaで表示できる。

 それでは、ルビで中付きと肩付きを使い分けるケースはあるだろうか。使い分けるケースは、それほど多くないかもしれない。たとえば、段落の最初の文字にルビがあり、ルビ文字が親文字より長い場合はどうすればいいのだろうか。そのままルビ文字をXHTMLタグで中付きのままにすると、ルビ文字の先頭が段落の先頭になり、親文字が下がって表示されることになる。

110928-01.PNG
*ルビタグで指定したルビ文字長いテキスト。

 一般的にはそこまでする必要はないが、段落の最初のみをルビ文字が長い場合、肩付きにすることもある。そうすると、段落のインデントが親文字で揃うからである。

 この場合は、ルビタグにクラス指定し、スタイルシートを2つ用意すればよい。それで使い分けできる。本文のルビには中付きのスタイルシートを割り当て、段落頭の文字には左揃えを指定する。スタイルシートを使い分ければ、肩付きと中付きの使い分けは簡単である。

110928-02.PNG
*インラインテーブルで段落頭の文字のみ肩付き指定。それ以外はインラインルビで肩付き。

 EPUBについては、今のところEPUB3の行方は知れない。実質的には有料のEPUB3ビューワーが登場しても普及することはなく、iBooksやKindleビューワーがEPUB3に対応するのを待つしかない。また、EPUB3対応のiBooksやKindleが登場しても、EPUB2のビューワーがすぐになくなるわけではない。EPUB2対応のルビの肩付きと中付き使い分けノウハウはあってもいいのではないかと思うのだ。

 インラインルビにするメリットは

中付きと肩付きの使い分け

だけではない。もう1つのメリットは、インラインルビで指定すると、

InDesignのルビを流用できる

ことにある。InDesignでルビを指定し、InDesignのタグ付きテキストとして書き出し、エディタで置換するのである。そうすると、テキスト内の漢字にすべてルビが追加されていても、ルビ入力がInDesignでできてしまう。XHTMで手打ちする必要はない。InDesignの最新版は不要なのである。

 EPUBで電子書籍を配信する場合、ビューワーをある程度決め射ちしなければ
ならない。ビューワーによって表示結果が変わる可能性があるからだ。iPhoneで閲覧する場合は

iBooks

で最適化されていればいいわけだし、DRMを追加する場合も、おそらくiBooksで使うことになるだろう。あとはKindleのEPUB3対応ビューワーくらいだろう。いずれにしてもiBooksもKindleもEPUB3対応のビューワーは出現していないので、リリースされてから考えればよい。

 というわけで、いまのところ、EPUB2対応のiBooksとStanzaでしか使えないが、スタイルシートのインラインテーブルを使う方法をまとめてみた。iPhoneアプリ『InDesignからEPUBの電子書籍を作成する方法』内のコンテンツとして収録してある。なお、使いやすいように、PDF版とサンプルファイルをダウンロードできるようにした。なお、次回のアップデートでは「EPUB2とEPUB3でするインラインルビ作成講座」は課金コンテンツになるので、ダウンロードはお早めに。



◆InDesignからEPUBの電子書籍を作成する方法[iTunesプレビュー]
http://bit.ly/hoLZHS


 



タグ:InDesign EPUB

posted by 上高地 仁 at 14:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple/Macintosh/iPhone
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。