InDesignから書き出したタグをEPUBのルビに置換する #denshi



 EPUBのルビは手動で作成するしかないのだろうか。たとえば、Dreamweaverのエクステンションにはルビを挿入するツールがあるが、あまり普及しているとはいえない。もともと、Webブラウザにはルビを正しく表示可能なものがほとんどないので、HTML作成ツールではルビ機能はなおざりになっている。InDesign 5.5を使うという手もあるが、バージョンアップしなくても効率的にルビを追加する方法を考えてみた。

  ルビの入力は原則的に手動で行うしかないが、XHTMLを開いてルビタグを挿入するのは極めて面倒なだけでなく、モニタでの確認も難しい。Sigilでテキストビューとコードビューの両方を開いて確認しつつ行なうしかない。しかしタグは挿入位置を間違えると、正しく表示できないし、タグに不正があるとファイル保存すらできないことがある。誰にでもできる方法とはとてもいえない。

 そこでInDesignで指定したルビを流用する方法を考えてみた。InDesignではタグ付きテキストを書き出すことが可能だ。InDesignのタグはXHTMLのタグではないが、文字列であることは同じなので、InDesignのタグ部分のみを選択して、ルビタグに置換すればよい。

 InDesignのルビをタグに書き出すと、ルビの指定によって書き出されるタグが異なる。当たり前といえば当たり前だが、ルビ設定にある

種類
揃え
位置


をデフォルトのままにして書き出すしかない。ということは、ルビタグに置換するには、印刷用のテキストから書き出すというわけにはいかない。テキストだけをInDesignに貼り込んで、デフォルトのままルビを追加していく。

110921-01.gif

 ルビを追加したテキストは、テキストを選択反転してファイルメニューから[書き出し]を選択する。[InDesignタグ付きテキスト]を選択すると、タグ付きテキストとして書き出される。あとは、テキストを選択して不要なテキストを削除し、整形してテキストエディタで一括置換する。

110921-02.gif

 整形すると次のようになる。

<cs:><crstr:おおかみうお>狼魚<cs:><cr:><crstr:>

 このデータを置換するのだが、少し困ったことがある。というのは、ルビ文字が先に記述されているのである。通常のルビタグでは

<ruby><rb>親文字</rb><rt>ルビ文字</rt></ruby>

という構成になる。親文字とルビ文字の配置が逆なのである。とはいえ、実際に試してみるしかない。親文字とルビ文字のタグ位置が逆さまの場合、EPUBでは正しく表示できるのだろうか。InDesignのタグは

<ruby><rt>おおかみうお</rt><rb>狼魚</rb></ruby>

という形のルビタグに置換できた。複数のルビでも、最初に整形しておけば一括して置換できるし、Jedit Xのように複数テキストの置換機能があれば、1アクションで置換は可能だ。

 ルビタグに置換したテキストをEPUBのXHTMLファイルに丸ごとペーストする。XHTMLの該当する部分に貼り込むだけなので作業は簡単だろう。ところがそのまま貼り込むと、ルビ文字が親文字の前に配置されてしまう。

スタイルシートでの指定なし
110921-03.gif

110921-04.gif

 ルビにならないのである。InDesign 5.5から書き出した場合も同じだが、EPUBのルビは親文字のタグを省略するようになっていて

<ruby>親文字<rt>ルビ文字</rt></ruby>

で記述するようになっている。手動で入力する場合はこちらのほうがてっとり早い。しかしこの場合は、InDesignのタグ付きテキストは使えないということになる。

 そこでルビタグにスタイルシートを使ってインラインテーブルでレイアウト位置を指定してみた。インラインテーブルを使うとタグ内のルビテキストが先行しても、ルビとして表示されるのである。つまり、InDesignのタグ付きテキストのルビはスタイルシートでインラインテーブルを使えば、EPUBではルビになるのである。

スタイルシートでインラインテーブルでレイアウト
110921-05.gif

110921-06.gif

 さらに、ルビタグにクラス指定を行うと、中付きと肩付きを使い分けることが可能だ。デフォルトではルビは中付きになるが、インラインテーブルで揃え位置をleftにすると、肩付きにすることも可能だ。インラインテーブルでは行の揃え位置を指定する必要があるが、InDesignのタグ付きテキストからルビタグへの置換が可能で、なおかつルビ位置も使い分けも可能だ。是非一度試していただきたい。

 


タグ:EPUB ルピ

posted by 上高地 仁 at 16:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | InDesignとEPUB
この記事へのコメント
正規表現を使って、
<cs:><crstr:([^>]+)>([^<>]+)<cs:><cr:><crstr:>
を検索して、
<ruby><rb>$2</rb><rt>$1</rt></ruby>
に置換するのが正攻法と思います。
Posted by 通りすがり at 2013年10月24日 14:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226964757

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。