2011年07月12日

『Illustrator使いこなしの鉄則』をiPhoneアプリにする

 『トラブルでオタオタしないIllustrator使いこなしの鉄則』をiPhoneアプリ化した。今回は、そのままのPDFを貼り込まないで、iPhoneサイズにリレイアウトした。iPhoneで読みやすいレイアウトの方がいいのではないかと思うからである。

  iPhoneサイズにしてリレイアウトが簡単かというと、けっこう面倒である。というよりiPhoneサイズでのレイアウトを新しく考えないといけない。デザイナーではないので、実はそういうことはとても面倒である。といっても多くの人に読んでいただくには、iPhoneサイズとしてレイアウトするしかない

 幸い、『トラブルでオタオタしないIllustrator使いこなしの鉄則』は図版があまり多くない。レイアウトさえ決めてしまったら、手間としてはそれほどでもなかった。図版類はiPhoneサイズで閲覧するには無理があるので、別画像をタップして開くようにした。別画像は、InDesignでピクセル等倍になるように表示して再撮影したもの。画像の拡大率によって、InDesignの拡大率を変更する必要があるので、レイアウトより、そちらの方が面倒だった。

 ちなみに図版の大半はスクリーンショット。InDesignに貼り込むときに「350 ppi」に解像度を変更してあるので計算式は

350 ppi ÷ 72 ppi ÷ 倍率

となる。倍率は「100%」のとき「1」となり、「140%」では「1.4」となる。概ねInDesign上で10%刻みで拡大しているので、先に拡大率のリストを作成しておき、それを見ながら拡大率を変更してショットを撮るのである。

 アプリにして新たに販売しようという魂胆なので、内容は書籍のままではなく、トピックを1つ追加することにした。Illustratorで印刷用データ作成する上で、『Illustrator使いこなしの鉄則』で取り上げていないトピックはまだまだたくさんあるが、あまりたくさん追加すると、アプリ化がいつまでたってもできないので、今回は

鉄則21:最新版にアップデートしよう CS3〜CS5

としてCS3以降のアップデートで修正された内容を整理したものを追加した。

 Illustrator CS3はけっこうアップデートされていて、最後のバージョンは日本語版だけというもの。CS4のアップデートはほとんどない。ユーザーはIllustrator CS4を使い込んでいるかと思うくらい不気味にアップデートされてない。いやいや、修正の必要のないほど、よくできたバージョンなのだろう。CS5はけっこうあった。修正内容をみていくとあまり使いたくない感じ。5.5ではどうなるのか?

 追加のトピックもいったんA5サイズでレイアウトし、図版を作成してピクセルと等倍でショットを撮ってiPhoneアプリ用のPDFに貼り込んだ。CS3からCS5までを一気に取り上げたので、A5サイズで10ページにもなってしまった。なお、それ以外の追加トピックは番外編として別にプロダクツ化するもくろみである。

IMG_0222.PNG

IMG_0226.PNG

IMG_0227.PNG

 アメリカではiPadだけでなくタブレット型のデバイスがよく売れているが、日本ではiPadも含めてそれほど売れているようには思えない。iPad用にアプリをリリースしてもなかなか難しそうである。iPhoneの販売数は、iPod touchも合わせると今年中には一千万台近くまではいくのではないか。おそらく複数台所有しているユーザーも結構いるはずなので、ユニークユーザー数は少し小さくなるだろう。とはいえ、いまのところソフトバンクの純増数の大半はiPhoneではないかと思えるほど、数は増えているように思う。

 そういう意味ではDTPのヘビーユーザー向けではなく、たまにIllustratorで印刷用PDFを作成するライトユーザー向けのコンテンツの方がいいのではないかと思うのである。印刷しないのでそれほど価格設定にこだわる必要はないからだ。

 ライトユーザー向けであれば、Phoneサイズに最適化されたPDFの方が実用性は高いはずである。といってもこればかりは試してみなければわからないので、今回はすこし手間をかけて、iPhoneサイズにリレイアウトしたのである。というわけで今回のポイントは

新しいトピックの追加
iPhoneサイズでリレイアウト


というわけなのである。タイトルも『Illustrator使いこなし21の鉄則』とした。

 ただし、そのままではリジェクトされる可能性がある。そこで、リジェクト対策で別のコンテンツを追加することにした。

Illustrator 8.0印刷用PDF作成ハンドブック

というコンテンツである。これは『これだけでできる印刷用PDF作成ハンドブック』のIllustrator 8.0の部分のみをiPhoneアプリ化したものである。こちらもA5サイズではページ数が少ないこともあって、iPhoneサイズでリレイアウトした。営業マンでも、ハンドブックを持てるようにしたいと思ったので、リレイアウトした。Illustrator 9.0以降もバージョンも『Illustrator使いこなし21の鉄則』の中のプロダクツとして追加していく予定である。

Illustrator-8.0表紙320.png


アプリがApp Storeに並びました。

◆Illustrator使いこなしの21の鉄則[iTunesプレビュー]

http://itunes.apple.com/jp/app/id449821800?mt=8

*App Storeで「使いこなし」で検索してください。




アプリ内課金に対応したSakuttoBookはこちら


◆これだけでできるiPhone電子書籍アプリをローコストで作成する方法
 SakuttoBook(サクッとブック)のご案内
  ↓  ↓
http://www.incunabula.co.jp/book/Sakutto/

 
 


ラベル:illustrator
posted by 上高地 仁 at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple/Macintosh/iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。