2011年06月02日

電子書籍はリジェクトされてもアプリで売るのが正しい #denshi

 リジェクト問題で大きく揺れるiPhoneプックアプリだが、リジェクトについては少し先が見えてきそうになった。リジェクト対策が可能になれば、リジェクトを恐れる心配はない。リジェクトされることでプレイヤーが減れば、競争せずにブックアプリを販売できるので、リジェクト問題は必ずしもデメリットばかりではない

  相変わらず、電子書籍についてはApp Storeでアプリとして配信することを快く思わない人は少なからずいる。こういう意見の人は、フォーマット統一思想の持ち主ではないかと思う。フォーマットを統一するのは反対である。統一すると多様性が失われ進化が阻まれる。渾然とした自由の中でさまざまなフォーマットの電子書籍が入り乱れるのがよろしい。

 先日も「なぜ電子書籍は始まらないのか?」という記事を読んだが、タイトルからして間違っているのではないか。日本の電子書籍はガラケーで始まり、iTunes(App Store)で広がりを見せた。この記事には、アプリ型電子書籍がいまでも数万部単位で売れている事実を無視して、大手の出版社がApp Storeで失敗していることをのみを取り上げ「始まらない」という。おそらくケータイ小説は電子書籍ではないのだろう。ここにあるのはKindleが普及したアメリカへの羨望だろう。

 電子書籍の普及は「Reading Experience(読書体験)」にあることは同感だが、それが専用デバイスである必要は全くない。iPhoneやAndroidのスマートフォン端末は合計すると、すでに日本でも一千万台以上が普及している(昨年度だけで855万台)し、スマートフォンでも「Reading Experience(読書体験)」は可能だろう。なぜ、それを無視しして、売れていない電子書籍リーダーのみを語るのか。

 この現状で、つまりスマートフォンがこれだけ普及した現状で、日本で専用端末が普及することはまずないのではないか。たとえKindleが日本で正式販売されても、アメリカのように普及することは考えにくい。ガラパゴスよりは売れるだろうが、スマートフォンを持っていて、さらに専用端末に金を払いたいユーザーはごくわずかだろう。

 現在の書籍は二段階のフェーズで販売される。まずハードカバーやソフトカバーの新刊書である。やや高めで売る。販売が一巡すると、文庫や新書にダウンサイズする。いままではそれで単行本は回っていた。最近は売れる本が見えにくくなり、ハードカバーやソフトカバーの単行本は減り、最初から新書や文庫で売る傾向になった。出版社としては、新刊本は売るのものならハードカバーにして高い値段で売りたいが、リスクが大きくなったので最初から安値で売ることにしたわけである。

 電子書籍でもその構造を引き継ぐことができる。つまり電子書籍でも新刊本はアプリとして高めに売り、販売が一巡すれば、EPUBやXMDFの汎用ビューワーで読めるようにすればよい。そのときには手頃な価格設定をすればよい。

 アプリにすると、将来読めなくなるいうが、この意見にも根拠はない。EPUBで作成しても、10年20年たったらEPUBの仕様が変わって、同じビューワーでもバージョンアップされ、開いてもレイアウトは同じになるという保証はない。機能も制限を受ける可能性はある。アプリにしても需要があればシミュレータが提供されるから、アプリ型電子書籍に将来はないというのは戯言でしかない。10年後のことなど誰にもわからない。

 電子書籍を売るのであれば、アプリで売るのが正しい選択肢である、いまのところは。アプリでも売って汎用フォーマットでも売ればよい。汎用フォーマットだけが正しいというのは、いささか視野狭窄ではないかと思う。ただしいまのところは、日本ではEPUBにしてもXMDFにしても電子書籍はマネタイズできないので、アプリで売るしかない

 アプリを販売するノウハウがあれば、汎用フォーマットでも売ることは難しくないはずだ。いま日本の電子書籍に必要なのは、アプリで売り続けるノウハウである。もし今アプリで売るノウハウを身につけなければ、仮にKindleが広く普及しEPUBが統一フォーマットとして君臨しても、電子書籍を売ることは夢のまた夢ではないか。

 電子書籍を売りたいのであれば、たとえリジェクトの嵐が吹き荒れても、App Storeで売りつづける方法を模索すべきではないかと思う。App Storeで集客できれば、後から登場するプラットフォームでも同じノウハウを活用できるはずだ。


 というわけで、限定でSakuttoBookの機能限定版を40%オフでご用意した。リジェクト問題には曙光が見えているので、今からでもApp Storeでのブックアプリ配信を始めても遅くはない。いますぐ下記にアクセスいただきたい。



◆これだけでできるiPhone電子書籍アプリをローコストで作成する方法
 SakuttoBook(サクッとブック)のご案内
  ↓  ↓
http://www.incunabula.co.jp/book/Sakutto/


◆なぜ電子書籍は始まらないのか?(Why e-books aren’t popular in Japan?)
http://hiromikubota.tumblr.com/post/6033343057/why-e-books-arent-popular-in-japan

 


ラベル:iPhoneアプリ
posted by 上高地 仁 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple/Macintosh/iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。