2011年02月02日

bREADERで縦書きEPUB機能をチェックする #denshi

 インフォシティからEPUBの縦書きにも対応したという「bREADER」がリリースされた。bREADERは本来は青空文庫用ビューワーだが、EPUBを縦組みで表示可能だ。カスタマイズしたEPUBを開いてその機能をチェックしてみた。バージョンは1.0.8で、EPUBの縦書き対応は暫定的なものだという。

  とりあえず、過去にiBooks用に作成したEPUBを取り込んでみる。まず驚いたのは、表紙画像が表示されないことだった。表紙画像はJPEGで作成している。どうやらJPEGには対応してないようだ。青空形式ではpng画像に対応していると記載されているので、JPEGをpngに変換して差し替えると表紙画像が現れた。

 本文テキストを縦組みで開いてみる。インデントが表示されない。EPUBのインデントはスタイルシートで指定する。クラスを指定し

text-indent: 1em;

で指定すると、段落の行頭が1文字分字下げされる。ところが、bREADERではスタイルシート内の「text-indent」の指定は無視するようで、字下げされない。その代わりに、段落間が広がるのである。段落の頭に全角の空白スペースを挿入するしかないのであろうか。

110202-1.PNG

 同じように行間もスタイルシートを反映しない。スタイルシートは

line-height: 1.6em;

とかで指定すると、テキストの1.6倍で行送りされる。em値ではなく、パーセントで指定することもできる。bREADERでは行間を広げる方法は、画面をピンチアウトする。横にピンチアウトすると行間が広がり、縦にピンチアウトするとテキストサイズが大きくなる。行間も行長も数値での指定はいまのところできないようだ。横組みの場合は逆になる。

 bREADERのページにある「ePub形式の対応」という部分には

※ePubファイルのテキストの表示とマージンに係わる基本的なcss属性をサポートしています
※スタイルシートを用いたカスケーディングも可能です

と書かれているが、具体的なことは「マージンに係わる基本的なcss属性」のみであり、それ以外のCSSの指定には対応していないのかもしれない。できればiBooksが対応しているCSS機能に対応して貰うと、iBooks用に作成したEPUBを同じように閲覧可能になる

 EPUB 3.0が登場してiBooksが対応すると、EPUBは高度な表現機能を持つことになるが、それでも現在のiBooks 1.2あたりに最適化して作成されたEPUBが同じように表示されるとは限らない。方法としてはiBooksに古いビューワーのエミュレート機能を持たせることだが、あまり期待できそうもない。サードパーティのビューワーであれば、古いバージョンのエミュレートする機能を持たせることは可能ではないだろうか。

 縦組みで「縦中横」は対応しいてる。ただし、これは行っても詮無きことではあるが、3桁になると横には回転しない。印刷物では3桁でも長体にして無理やり縦中横にすることがある。「100」という数字はそのまま横のままなのである。EPUBでは縦組みと横組みの切り替えを行うので

縦中横禁止

でテキストを作成するべきではないか。少なくとも、3桁以上の半角数字は全角文字に置き換える必要がある。そのチェックの手間を考えるのであれば、いっそ全面禁止にするほうがスッキリしていいかもしれない。

 ルビの指定はどうなっているのだろうか。EPUBのルビ指定は、2つの方法がある。1つはXHTMLのルビタグをそのまま使う方法である。ただし、現在はiBooksもStanzaも対応していない。そこでiBooksやStanzaではルビタグに対してスタイルシートで位置指定を行う。インラインテーブルでボックスを作成してその中にルビ文字を配置する。

 この方法で作成したEPUBをbREADERで開くと、ルビ文字の後ろで改行されてしまうのだ。それでは、ということでスタイルシートを使わずにXHTMLのルビタグだけでルビを指定してみた。その場合は、ちゃんとルビとして表示されるのである。ただし問題があった。それは横組みの場合である。親文字よりルビ文字の文字数が大きいとき、最初の1文字しか表示されないのである。縦組みでは問題なく表示されている。

image_epub01.gif
*iPadでスタイルシートで作成したEPUBのルビを表示する。


110202-4.PNG
*同じEPUBをbREADERで表示する。ルビの後ろで改行されてしまう。

110202-2.PNG
*XHTMLで指定したルビ。肩付きで表示されている。2桁の縦中横にも対応。

110202-3.PNG
*XHTMLで指定したルビ。横組み表示。「昔」のルビが「む」だけになっている。

 iPhoneアプリとしてはEPUBの縦組みビューワーは、いまところbREADERしかない。望みたいのは、iBooks互換機能だろう。iBooks用に作成したEPUBがiBooksと同じように表示され、しかも縦組みでも表示できるとなれば普及するのではないか。サンプル用の限定版はiBooksで読み、フルバージョンはbREADERで読むようにするという使い分けも可能かもしれない。

 iPhoneのiBooksでは明朝体が使えない。iPadは内部に明朝体を持っているが、本文にパラグラフタグを指定すると、ヒラギノ明朝を指定しても無視されてしまう。しかしbREADERは内部に明朝体フォントを持っているので、iPhoneでも明朝体で表示できる。iPhoneで明朝縦組みEPUBはいまのところ選択肢がない。bREADERの今後のバージョンアップに期待したい


◆bREADER[インフォシティ]
http://iphone-ipad-apps.com/breader.html

◆bREADER - 青空文庫[iTunesプレビュー]
http://itunes.apple.com/jp/app/id411884081



なお、今月17日に東京でEPUB作成セミナーを開催します。
EPUBのルビの作成方法を徹底的に解説する他、
EPUBのアドバンストな作り方を取り上げます。
詳しくは下記より。

◆インクナブラ電子書籍作成実践セミナー:ワンランク上のEPUB作成講座
http://www.incunabula.co.jp/110217/

 


ラベル:bREADER
posted by 上高地 仁 at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple/Macintosh/iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。