スパイシーソフトInDesign対応自動組版ソフトSpicyLibraCSVer5.1RC版を公開



有限会社スパイシーソフト(本社:東京都大田区、代表:小澤靖)は、Windows版 
Adobe InDesignCS5(Ver7)対応定型レイアウト自動組版ソフトSpicyLibraCSの次期
バージョンであるVer5.1を公開し、イメージバリアブル機能、バリアブルWaterMark
機能などの詳細を発表しました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■SpicyLibraCS Ver5.1で求められた新機能

 定型レイアウト自動組版に新しく求めらていることは何か、という問いの中から、
差別化できるバリアブル製品の制作と電子出版への対応という事に的を絞り、新機能
を追加いたしました。
 「イメージバリアブル」、「インタラクティブ」、「電子書籍」及び「DRM
(Digital Right Management)」を機能化し搭載いたしました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■SpicyLibraCS Ver5.1新機能概要
 1.イメージバリアブル
 イメージバリアブルでは、単に、画像と文字をドキュメントに配置するということ
以上に、個別の画像とテキストを高度な画像処理を施し、ドキュメントに配置しま
す。
 Adobe PhotoshopあるいはAdobe Illustratorの機能を利用し、フィルター処理をさ
せるなど、オンザフライのデータ画像加工を行うことで、静的な画像配置では味わえ
ないバリアブル・オンデマンド製品を作成することを可能とします。

 2.インタラクティブ
 ムービーやサウンドファイルを、画像ファイルと同様に貼り込み、InDesignの持つ
インタラクティブPDF出力機能を使用してインタラクティブなオブジェクトの処理を
可能とします。

 3.電子書籍
 Dreamewaver及びDigitalEdition用の書き出しをサポートいたしましたので、EPUB
形式の電子出版への利用などへの対応が可能となります。

 4.DRM(Digital Right Management)
 既存のPDFファイルに対して、1点1点異なるID番号や配布先名などのWaterMarkを付
加したり、ユーザーパスワードを設定したりすることを可能としましたので、研究論
文や資料などのPDFファイルの配布にたして、簡易的なDRMとして使用することが可能
です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■『SpicyLibraCS Ver5.1RC版(スパイシーリブラ)』の稼動条件

 ・SpicyLibraCS Ver5.1がインストールされ、正常に稼働していること。
 (インストールされていない方は、弊社ホームページより、評価版をダウンロード
し、予めインストールすることで使用可能)
 ・イメージバリアブル機能には、Adobe PhotoshopないしはIlustratorが必要。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■製品販売予定

 今月(2010/11)中に、販売を開始する予定です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■商標

スパイシーソフトは、有限会社スパイシーソフトの登録商標です。
SpicyLibraは、有限会社スパイシーソフトの登録商標です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■【お問い合わせ先】

有限会社スパイシーソフト
TEL:03-6450-0834 FAX:03-6450-0834
info@spicyーinc.jp
http://www.spicy-inc.jp
〒143-0011東京都大田区大森本町1-8-12-S104




posted by 上高地 仁 at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) |  製品のニュースリリース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。