2010年10月22日

iPadはビジネスマンの必需品になるのか

 ソフトバンクの孫社長が会社名義のiPadやiPhoneを個人利用を勧めている。個人利用を通じて、使い方を身につければビジネスシーンでも役に立つという意見である。iPadやiPhoneはアプリケーション次第でさまざまな活用方法があり、個人でスキルを積み上げれば、そのスキルは企業でも役に立つという理論だ。

  自社で販売する製品なので、メリットを強調するのは当然だし、ソフトバンク内でiPadやiPhoneを実際に活用するのは、まあいえばそれも当たり前のこと。SoftBank Days 2010の基調講演のタイトルは「iPadが変えるワークスタイル」だったが、iPadがワークスタイルを変えることができなければ、ビジネスシーンで売れることはないだろう。

 いまのところ、iPadは個人ユース、というより、日本では出版・印刷・IT関係者に売れていると思われるが、一般のビジネスマンの必携ツールになっているわけではない。これからさらに台数を増やすとすれば、ビジネスシーンにも広げたいというのは、ソフトバンクとしては当然の主張である。

 ただし、この記事のように実際に残業が減ったとは思えない。iPadを持ち帰って自宅や勤務時間外もワークしてそうである。会社の滞在時間は減ったということだろう。iPadがあればドキュメントの持ち運びは便利。書籍を読むのには重いが、ノートよりは軽い。会社のデスクでうだうだしているより、持ち帰って気分を変えた方が仕事がはかどりそうだ。これからはサラリーマンといえども、時間の切り売りではなく、実質的にタスクの切り売りになっていきそう。

 この記事を読んでいるとiPadかどうかは別として、ビジネスマンがタブレットPCを使うようになるのは間違いなそさうである。書類はすべてタブレットに入れておけばいいし、必要に応じて本社のサーバからダウンロードするなり、ストリーミングすればよい。企業で使うドキュメントは概ねA4サイズが多いので、iPadくらいのサイズは必要だろう。

 企業内ドキュメントは、これからは印刷することが少なくなっていき、PDFが使われることが多くなりそうだ。オンデマンド機でプリントアウトして配布するのではなく、サーバからドキュメントをダウンロードしてiPadなどのタブレットで閲覧することになっていく。今度は本当に紙がなくなるかも知れない。iPadによって、本当の意味でのモバイル可能なPCが活用される時代になるのかも知れない。まあ母艦のPCは必要だけどね。


◆会社購入のiPadを個人利用するな、なんてとんでもない─ソフトバンク孫社長
2010.10.21
http://news.google.co.jp/news/more?pz=1&cf=all&ned=jp&cf=all&ncl=d1TcHdQwsJ9H5PM0A9Ini6T5b5TPM



 ところで、iPad用のPDFを作成するときには注意して欲しいことがある。それはカラーマネージメントである。現在のところiPadには

カラーマネージメントは搭載されていない

のである。iPadはモニタで閲覧するので、カラースペースはRGBである。つまり印刷用で作成したドキュメントをそのままPDFにしてiPadで閲覧すると、カラー値が大きく変わってしまうのである。たとえば、「シアン100%」の色をiPadで表示すると

R     0
G 255
B 255


となるのである(シアン100%はJapan Color 2001 CoatedからAdobeRGBに変換すると、「R 54,G 167,B 233」となる)。「M100,Y100」だったら「R 255,G 0,B 0」となる。つまりCMYKの最大値をそのままRGBの最大値に合わせて単純にカラー変換するのだ。そのため、「シアン100%」や「マゼンタ100%」とかは、とてもカラー再現できないのである。

CMYK_Illustrator.jpg

そのままCMYKでPDF保存してiPadのiBooksで開くと

   ↓

CMYKチャート_CMYK.PNG

 方法はある。○○○すればよい。そうすると、オリジナルカラーに近いカラーでiPadでも表示することができる。合わせて◎◎◎しておけば、Acrobatでも使うことができる。

 閲覧用PDFはいままであまり重要視されてこなかったが、iPadのようなタブレットPCやiPhoneなどのスマートフォンの出現で、PDFをモバイル端末とPCの両方で閲覧するスキルが求められるようになってくると思う。

 モバイルとPCで閲覧するためのPDF作成方法を是非、知って欲しいと思い、セミナーを開催しております。クライアントからiPadに取り込んだとき「色が違うぞ」と指される前に、iPadとPCで閲覧するためのPDF作成ノウハウを身につけてください。


◆印刷会社のための
 インクナブラ電子書籍用PDFとEPUB作成実践セミナー

 お申込みはこちら
   ↓↓
http://www.incunabula.co.jp/101102/

 


ラベル:iPAD
posted by 上高地 仁 at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。