さらに追加された「InDesign CS4 6.0.6 リリースノート」を読む



 InDesign CS4のアップデートが行われた。「InDesign CS4 6.0.6」である。CS5もリリースから半年近くがすぎ、CS5のアップデートも公開されているのにかかわらず、旧バージョンのアップデートが行われるのは珍しい。よほど重要なアップデートなのだろうか。

  アップデートの詳細については、サポートのTechNote「InDesign CS4 6.0.6 リリースノート」に書かれている。最初の方に「重要」として「配置した AI/PDF ファイルの境界線ボックスの計算方法に関する修正事項」についての記載がある。この問題は6.0.5でも記載されていて、けっこう問題になっていると考えられる。6.0.5のアップデートで修正されているはずだ。

 6.0.6アップデートは統合アップデートで、6.0.1以降の修正も含んでいる。いちからインストールしても、6.0.6をインストールするだけでよい。いままで気が付かなかったが「InDesign アップデーターは、InDesign アプリケーションを終了した後、少なくとも 1 分以上経過してから実行してください。」というような記載があった。InDesignを終了しても1分待ってからアップデートしなければならないらしい。

 6.0.6で追加修正された解決事項のみを取り出してみよう。というのは、リリースノートには、いままでのすべての修正が記載されているからだ。そのため「解決された問題」のリストはかなり長くなっているのだ。なお、6.0.6の修正事項には末尾に * が付けられている。


ドキュメント
グラデーションを使用するグラフィックを含んだ特定のドキュメントを使用した後で、InDesign が終了時に予期せず異常終了します。[2602913]*

グラフィックの書き出し
シェイプの内側に線を適用すると、線が SWF に正しく書き出されません。[2597023]*

ハイパーリンク
ICML の保存時、ハイパーリンクマーカーとの整列を行う文字属性オーバーライドを削除できず、オーバーライドが残ったままになります。[2559265]*

グラフィックの読み込み
脚注またはインライングラフィックを含んだ特定の Word ドキュメントを読み込むと、InDesign が予期せず終了します。[2653524]*

PSD で透明な背景を使用していると、SWF に線が正しく書き出されません。[2597075]*

スクリプト
スクリプトエンジンが、スクリプトを 1 行処理するごとにスケジュールされたコマンドを処理するため、ダイアログがスケジュールされているとスクリプトエラーが発生します。[2638803]*

テキスト
Mac OS 10.6:システムフォント Helvetica Neue.ttc と Postscript 版 HelveticaNeue のスタイルがコンフリクトして利用できません。[2597446]*

Windows プラットフォーム形式でエンコードされた特定のテキストを、「制御文字を表示」を有効にした状態でドキュメントにペーストすると、InDesign が予期せず終了します。[2612194]*

ページアイテム
AI/PDF リンクを更新すると、「トリミング」のデフォルト設定が変更され、以後のリンク更新すべてに影響が生じます。[2563559]*

INX
以前のバージョンで作成した INX ファイル内に「%」を含んだリンクパスがあると、CS4 でリンクパスが無効な文字列に変更されます。[2625051]*

PDF の読み込みと書き出し
CS4 (6.0 〜 6.0.4) で配置された AI/PDF リンクが 6.0.5 および CS5 でアップデートまたは再リンクされる際、境界線ボックスの再計算方法が違うため、グラフィックの位置ずれが発生します。[2641074]*

ブックにした .indd ファイル内のハイパーリンクが、6.0.5 から PDF に書き出すとエラーになります。[2634267]*

配置された PDF 内に透明効果を使用した画像がある場合、統合オプションを使用しない設定で PDF に書き出すと、それらの画像が書き出されません。[2589186]*


 「開発者向けの解決された問題」を除いて新しい修正内容を取り出してみた。こうして拾い出してみると、「重要」と書かれたInDesignのAI/PDF リンクについては、6.0.5で修正されたはずの境界線ボックスの計算方法がリストされている。6.0.5のリリースノートでは概要にその問題が記載されていたが、解決された問題のリストには書かれていなかった。それで今回の修正事項として追加したようだ。

 ところが、「ページアイテム」の項目に

AI/PDF リンクを更新すると、「トリミング」のデフォルト設定が変更

と書かれていて、どうやらトリミングで貼り込んだ場合、リンク更新するとリンク更新時の扱いが変わってしまうらしい。ただし、ここの文章だけではどのように変わってしまうのかはわからない。また、6.0.6にすることで、境界線ボックスと同じようにCS3互換になったのかもわからない。解決事項としてリストされているので、おそらくCS3互換になったと理解してもいいのだろう。

 なお、6.0.5で未解決のままの相互参照のハイパーリンクについては今回は記載がなさそうだ。相互参照のハイパーリンクはアップデートでは修正が難しい問題なのかもしれない。


◆InDesign CS4 6.0.6 リリースノート[アドビサポート]
http://kb2.adobe.com/jp/releasenotes/871/cpsid_87110.html

◆InDesign 日本語版 for Macintosh のダウンロード可能ファイル
http://www.adobe.com/jp/support/downloads/idmac.html

◆InDesign 日本語版 for Windows のダウンロード可能ファイル
http://www.adobe.com/jp/support/downloads/idwin.html

 




posted by 上高地 仁 at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesignトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。