2010年10月15日

印刷会社のためのインクナブラ電子書籍作成実践セミナー

 印刷会社にとって電子書籍への対応は不可欠なものになりつつあります。今年の末から来年にかけて電子書籍マーケットは現実のものとなります。12月のシャープのガラパゴスでの電子書籍配信が始まればアップルのiBooksやアマゾンのKindleがオープンするのもそれほど遠いことではありません。

  印刷物を作成するとき、同時に電子化して配信することは間違いなく当たり前のことになります。印刷会社にとって電子書籍作成は欠かすことのできないスキルです。


InDesignは電子書籍を書き出す上で、もっとも便利なツールです。

EPUB
PDF
AZW(MOBI)


にすでに対応し、シャープもInDesignからXMDFを書き出すプラグインを用意するとアナウンスしています。モリサワのMCBookもInDesignからの書き出しに対応しています。




今からでも遅くはありません。





 電子書籍マーケットは立ち上がったばかりなのです。印刷用のデータを作成すると同時にまずは電子書籍のEPUBやPDFの作成をマスターしましょう。


 InDesignはCS3からEPUBの書き出しに対応しています。もちろん最新のCS5で書き出す方が確実です。しかし、CS3からでもEPUBを作成することはできます。もし複数のバージョンを持っていれば印刷用データはCS3で持ち、EPUB用の書き出しはCS4やCS5で行なうことは可能です。書き出しのポイントを押さえれば、EPUBの作成は難しくはありません。



 またPDFも印刷用と電子書籍用では書き出しの設定が異なります。CMYKのまま書き出すと、カラーはiPhoneやiPadで彩度が高く表示されます。ただしく設定して書き出すと、iPhoneやiPadでもほぼ同じカラーで表示できます。iPhoneやiPadはICCに対応していなので、プロファイルを埋め込んでもカラーマネージメントできないのです。



●ご存じですか?
InDesignからEPUB書き出しするとき、
テキストの単位に「級」を使ってはいけない理由を!




●ご存じですか?
InDesign CS3でフォントを埋め込んで
Digital Editionsで埋め込みフォントを表示できるEPUBを作成する方法を!




●ご存じですか?
InDesignからPDFを書き出すと、
iPadではカラーの彩度が異常に高くなることを!




●ご存じですか?
InDesign CS4は作成した目次がブックマークに反映されても
PDFに書き出されないことがあることを!






 今からでも遅くはありません。InDesignでiPhoneやiPadでそのまま使える電子書籍の作成方法をマスターしませんか。予想外のトラブルを回避してEPUBとPDFの電子書籍をラクラク作成する方法を240分かけて、じっくりと解説します。



セミナーの日程は次のようになっています。


◆東京/平成22年11月02日(火)12:20〜16:40
◆大阪/平成22年11月09日(火)12:20〜16:40


◆印刷会社のためのインクナブラ電子書籍作成実践セミナーの
 お申込みはこちら
   ↓↓
http://www.incunabula.co.jp/101102/

 


ラベル:電子書籍
posted by 上高地 仁 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。