InDesign CS4に「InDesign CS4 6.0.4用PDFプラグイン」は要らない



 InDesign CS4の最後のアップデートは「6.0.5」である。CS5もすでにアップデータが配布されていて、CS4の新しいアップデータは登場しないと思われるが、最終版の「6.0.5」には、よく知られた問題がある。「6.0.5へアップデートすると相互参照がPDFへ書き出されない」という問題である。

  Adobeのサポートページでは、PDFに書き出したときドキュメント内の相互参照がハイパーリンクにならない理由については詳しく書かれていない。

共有された URL への新しいハイパーリンクにより、
余分なハイパーリンクが作成され、ハイパーリンク先の重複が発生


するためらしい。ハイパーリンクパネルのURLリンク設定が、何故相互参照のハイパーリンクに影響するのかわかりにくい。

 相互参照というのは、実際には参照元のテキストに追随してテキストを自動的に更新する機能である。PDFに書き出すと、相互参照したテキストから参照元にハイパーリンクが作成される。ハイパーリンクは、テキストアンカーと段落スタイルのテキストから選択できるが、段落スタイルのテキストに対して自動的にテキストアンカーを作成できるようになっているのだろう。つまり、相互参照はテキストアンカーと考えても間違いなさそうだ。

101012-01.gif

 サポートページには2つの回避方法が掲載されている。いずれも解決方法ではない。相互参照をハイパーリンク化するためだけの対処方法である。その2つとは

6.0.4にダウンバージョンする
「InDesign CS4 6.0.4用PDFプラグイン」を差し替える


というものだ。最初の1つは、6.0.5からそのまま6.0.4にダウンバージョンはできないので、InDesign CS4を一旦アンインストールして、インストールし直して6.0.4までのアップデートを行う方法。もう一つは、InDesignのパッケージに含まれている「InDesign CS4 6.0.4用PDFプラグイン」を差し替えるというもの。

 普通に考えれば、多少手間がかかっても「InDesign CS4 6.0.4用PDFプラグイン」を差し替える方がメリットがありそうだ。6.0.4にダウンバージョンすれば、6.0.5で修正されたすべての問題に対処できない。PDFプラグインであれば、解決されない問題は一部にとどまるからだ。

101012-02.gif

    ↓

101012-03.gif

    ↓

101012-04.gif

 「InDesign CS4 6.0.4用PDFプラグイン」を入れ替えて、不要なキャッシュファイルを捨てた。ドキュメントからハイパーリンクを含んでPDFを書き出してみた。ところがである。あろうことか、Acrobatのしおりからのリンクが効かないのである。しおりをクリックしてもそのページに飛ばないのだ。

 サポートページを読み返してみると、「InDesign CS4 6.0.4用PDFプラグイン」を差し替えた場合は、

InDesign CS4 6.0.5アップデートで修正されたPDF関連の修正が利用できなくなります。

と追加情報に書かれている。そこで気になるのは、「6.0.5アップデートで修正されたPDF関連の修正」ってのはなんなのか、ということだった。サポートページには、そこまで詳しく記載されていないのである。つまり、しおりからのハイパーリンクは6.0.4までは修正されないまま放置されていたということらしい。

 仕方がないので、6.0.4と6.0.5の「アップデートお読み下さい」を読み比べてみる。そうすると解決した問題にあるPDF書き出し関係に

ドキュメントをPDFに書き出すと、ブックマークが機能しません

という記載があるではないか。やはり、6.0.4までは書き出したブックマークは機能していなかったのである。これほど重要な機能が、6.0.4まで放置されていたとは信じられない。どうやら誰もInDesign CS4からPDFでブックマーク書き出ししていなかったらしい。

 InDesignでモニタ閲覧用のPDFを書き出して使うには、ブックマークの書き出しは必須だ。目次でAcrobatで開いてしおりからリンクが効かない場合は、iPhoneやiPadでも駄目だろう。iPhoneで6.0.4用PDFプラグインで書き出したPDFを読み込んだら、目次のテキストをクリックすると、すべて表紙にリンクした。6.0.5で書き出すと、目次は正しく動作する。

 もし6.0.4にダウンバージョンしてブックマークが動作しないのであれば、たとえ相互参照が使えなくても、6.0.5にアップデートするしかないではないか。どう考えても、相互参照のために、ブックマークを犠牲にするわけにはいかないからだ。「InDesign CS4 6.0.4用PDFプラグイン」の差し替えは不要である。


◆相互参照における既知の問題(InDesign CS4)[Adobeサポートページ]
http://kb2.adobe.com/jp/cps/234/234783.html


◆ID CS4 6.0.5相互参照の問題[いわもとぶろぐ]
2010.6.9
http://blogs.adobe.com/iwamoto/2010/06/id_cs4_605.html

 


タグ:InDesign CS4

posted by 上高地 仁 at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesignトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。