日本の電子書籍はアメリカに追随しない #denshi 【ルポ電子書籍大国アメリカ】



 電子書籍マーケットはアメリカで立ち上がった。アメリカで流行ったモノはやがて日本でも流行る。それが世の習い。日本での電子書籍マーケットはまだ起動したばかりだが、アメリカの電子書籍が実際どのようになっているのかを知るためには、本書『ルポ電子書籍大国アメリカ/アスキー新書』を手に取るのが一番早い。一読すれば、アメリカ人の電子書籍感が手に取るように知ることができる。

  著者はニューヨーク在住の出版エージェント。最近の書籍では『iPad電子書籍アプリ開発ガイドブック』の共著者の一人でもある。ながくアメリカの出版を目の当たりにしてきたらしい。その視点からいうと、電子書籍は一気に盛り上がったブームではなく、徐々に出版界に浸透してきたものだという。しかしアメリカの出版業界に身を置いているとそう見えるのも知れないが、実際には電子書籍ブームは昨年から一気に加速している。

100916-01.jpg 日本で電子書籍が大きな話題になっているのは、アマゾンが電子書籍で大儲けをしているからだろう。昨年(2009年)のクリスマスシーズンを含む第四四半期でKindleは150万台売れたと言われ、その後もアマゾンでのKindle本のダウンロード数が大きく伸びているからである。日本でも過去に何度も複数のプレイヤーがトライしたが、確固としたマーケットを生み出すという結果を導けなかった。その電子書籍が、Kindleによって一般消費者向けの商品、あるいはサービスとして定着してきたことに大きな関心が持たれているわけである。

 Kindleの爆発的な普及によって、電子書籍はアーリーアダプター(初期採用者)からアーリーマジョリティ(初期追随者/初期多数採用者)のキャズム越えを果たしつつと感じている人は多いに違いない。一部の物好きユーザーだけのものではなく、日常的なものとして市民権を得ていることが「驚異」なのである。

 アメリカの出版業界にいれば、昔から電子書籍端末を扱ったり、PC上でPDFとして書籍を読むことは日常であったかもしれないが、それは出版業界内部だけのことではないか。一般の読者にとっては、電子書籍端末で書籍を読むという行為は日常の一部ではあり得えなったはずである。それにも関わらず、2009年のクリスマスシーズンあたりを境目に電子書籍は生活の一部として同化しつつあるのである。

 本書の冒頭で日本の電子書籍を一過性のブームではないかと危惧する箇所もあるが、おそらく一過性のモノにはならないだろう。電子書籍端末というものが売られているわけではなく、モバイル端末で書籍を読むという「体験」を販売しているからである。新たな体験が驚きを導くのであれば、ブームが一過性で終わることはない。

 iPhoneでもデバイスの魅力だけで売れているというのは正確ではない。iPhoneを持つことで、世界が変わるのである。日常が変貌していく「体験」にこそ価値があり、iPhoneやiPadがそれを提供する限り、iPhoneやiPadを売れていくに違いない。電子書籍端末も新しい体験を提供し続ける限り、一過性のブームで終わることはないだろう。

 著者は日本人だが、書かれている内容は今のアメリカの出版業界人が考えていることとほぼ一致するのかもしれない。電子書籍については先進国のアメリカ人とっては電子書籍はオプションの一つに過ぎず、ハリウッドが映画をDVDにしたりTVに放映権を販売したり、レンタル料を稼いだりするように、書籍というコンテンツを収入に変える一手段でしかないことがよくわかって興味深い。

 日本の出版業界はいままで再販制度に守られて、売れる書籍コンテンツを複数のオプション(メディア)に積極的に展開して、最大の収益を生み出す努力に甘さがあった。出版文化を守るというお題目に隠れて、儲けを最大化する努力を放棄し、再販制度の中での紙の出版に埋没してしまったといえる。出版がビジネスであるということを理解していれば、電子書籍は出版社にとっても儲け口が増えるわけであり、本来であれば歓迎すべきことである。

 幸か不幸か、日本の出版社は紙の書籍マーケットに特化して飯を食ってこれたので、いまさらコンテンツを多用なメディアに展開して複数の収入原を生み出せといっても難しい。住宅を専門にしていた大工がリフォーム業を手がけるようなものだろうか。他業界では普通のことだが、いままで特化しても生きていけた以上、日本の出版社が大きく舵をきるには時間がかかるに違いない。

 『ルポ電子書籍大国アメリカ』では電子書籍が普及しても、出版業界の構造は大きく変わらないだろうと、まあいえば常識的な回答が提示されている。電子書籍化されて消滅しそうなカテゴリーはマスマーケット・ペーパーバックだけだとか、出版社と著者の絆は固く有名な著者でも中抜きは例外的だとか書かれている。それはそれで納得できる部分もあるし、現状の認識としてしはおそらくそうなのだろう。

 しかし世界的に張り巡らされたネットワークにいつでもアクセスしコンテンツを取得できるようになれば、出版の常識はもっともっと変わっていくのではないかとも思うのである。電子書籍をどらえもんのポケットのごとく、自在に取り出せるようになれば、世界観はもっと変貌するはずだ。そうすれば、アメリカ出版業界の「常識」も覆るのではないか。

 日本の電子書籍マーケットはこれからだが、アメリカのようにアマゾンが一気にマーケットを立ち上げてリードしたわけではない。アメリカとは異なる形で、日本ならでは電子書籍マーケットが立ち上がるに違いない。この数ヶ月の電子書籍を巡る議論のテンポの速さはすざましい。多くの試行錯誤を経て、日本の出版にマッチした電子書籍マーケットが作られていくだろう。

 出版社も関連業界も新規参入組もほぼヨーイドンでこのマーケットに参加できる。日本の読者に支持されたサービス(というかワクワクするような体験か)を提供できれば、無名の会社でもマーケットをリードできるかもしれない。アマゾンやアップルを利用しつつも、日本流の電子書籍の在り方があるはずだ。本書を読みながら、漠然とではあるが日本の電子書籍マーケットは、アメリカとは違った形でダイナミックに展開していくのではないかという予感を強く感じた。読むべし。


◆ルポ 電子書籍大国アメリカ (アスキー新書) (新書)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048689606/incunabucojp-22


◆iPad電子書籍アプリ開発ガイドブック
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844329065/incunabucojp-22


◆これだけでできるInDesignからEPUBの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_epub/


◆これだけでできるInDesignからPDFの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_pdf/

 
 



タグ:電子書籍

posted by 上高地 仁 at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | みだれうち読書ノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。