「絶版堂」が絶版になったのには理由がある



 絶版書籍を「自炊」して販売委託するサービスを「絶版堂」というサイトが始めた。すでに絶版となった著作を著作者から提供を受けてPDFとして販売するものだった。このサービス、好意的に受け入れられたものの、開店を迎えることなく閉店した。

  運営会社はもともとWebサービスの運営やスマートフォントのアプリを開発する会社で出版社ではない。書籍を簡単にスキャンしてPDFにすれば電子書籍になることから、販売窓口をWebに用意すれば需要があると思ったのだろう。Google ブックスが大きな話題になったこともヒントになったに違いない。

 ただこのサイトを閉鎖せざるを得なくなった問題は、絶版本をスキャンして電子書籍にするというアイデアにあったのではない。著作者が「頼んでみようかな」と思うようなオファーがほとんどないと言うことである。

 仮に「絶版本」を1000円で販売したとしよう。著者の取り分はその半分強である。支払い印税は10000円に達しないと支払われないので、20冊近く売れないと収入にはならない。書店で売れずに絶版になった本を、WebでしかもPDFを月に20冊売るのは至難の技ではないか。

絶版本には絶版になった理由がある

絶版本は売れなくなったから、絶版になったのである。買う人がいなければ、WebにPDFを用意したからといって売れる可能性はほとんどない。

 もちろん中には書店では売れなくても、ネットで販売するのであれば、十分な数量を販売できる(たとえば月に100冊くらい)絶版本もあるだろう。しかしそういう本はユーザーの立場で言えば、古本屋に行くか、アマゾンのマーケットプレイスで探せばよい。手頃な価格でちゃんとした本が手に入る。また、専門書だと同工異曲の書籍がたくさんあるので、絶版になった本をあえて買う必要はない。

 このサービスのポイントは、絶版本をPDFにすることではなく、そのPDFをちゃんと販売する仕組みを作ることにあった。絶版本を売れる仕組みこそが必要なのである。もしこのサイトのサービスを実際に使い、絶版本を販売して毎月定期収入を上げてる人がいれば、その人の声を載せるだけで説得力はまったく違ってくる。絶版本を持った著者が、委託したくなる可能性は高くなる。

 結局、委託本が集まらなくてサービスは開店前に終了したという。おそらくそれは正解だった。思いついたアイデアを試して見ることは大事だし、やってみなければ見えないこともある。もし駄目だったら、傷が深くならないうちに撤退するのは恥ずかしいことではない。むしろ、止めることの方が勇気がいる。

 ただし成功事例を集める前に止めたのは、他に理由があるのだろう。もし「絶版堂」が繁盛して、スキャンしたPDFがバンバン売れるようになったら、販売元の出版社はレイアウトの使用料を請求するようになるに違いない。テキストの著作権は著者にあっても、レイアウトやイラスト、図版の使用権は出版社にある。つまり、儲かっても泥沼の道が待っている可能性が高い。

 著者が絶版本をもう一度出版したかったら、アマゾンのDTP(デジタル・テキスト・プラットホーム)を使えばよい。その前にテキストを整理しておく必要はある。テキストの最終稿は普通著者の手元にはなく印刷会社にある。だから加筆訂正本としてアマゾンから発行すればいいのだ。

 アマゾン以外でも同様のサービスは広がるだろうし、ISBNコードを格安で提供してくれるサービスも登場するだろう。文字校正も含めてテキストの編集を請け負うフリーの編集者も探せばいるはずである。フリーの編集者にはレベニューシェアで、つまり販売数のコミッションを支払えばリスクはほんんどない


◆絶版堂 - 絶版書籍のデジタルデータ販売
http://zeppan.org/


◆絶版本をデジタル化することをうたった『絶版堂』、開店できずオープン前にサービス終了[Togetter]
http://togetter.com/li/45962


◆これだけでできるInDesignからEPUBの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_epub/


◆これだけでできるInDesignからPDFの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_pdf/

 
 




posted by 上高地 仁 at 11:18 | Comment(1) | TrackBack(1) | 電子書籍、明日はどっちだ
この記事へのコメント
アマゾンDTP、必ずしもISBNコードを要求するわけではないようです。昔書いた解説書、アマゾンで出してみようかな。
Posted by jin-k at 2010年08月31日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

閉める前に権限周りをクリアしたのかどうかくらい明確にしろ
Excerpt: DTP-Sのメールマガジンで知りました。動きがないから追ってなかったんだよな。 サービス終了のお知らせ【絶版堂】 この度当社では、当社サー...
Weblog: 実験る〜む
Tracked: 2010-08-31 13:08





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。