EPUBを画像だけで作るのはレッドカードか?[EPUBセミナー雑記3]



 InDesignでEPUBを作成するとき、もっともややこしいのが画像の処理だろう。テキストだけを流し込んで作成する場合は、EPUBは簡単だが、レイアウトが複雑な場合はそうはいかない。雑誌のように複雑なレイアウトをする場合は、EPUBは使い物にならないのである。

  先日、MacFan 8月号を読んでいたら「Digital Publishing Platform」についての記事があった。「電子出版ツールの進化は本を変える?」という記事(88ページ)で、最後に「?」があるように、「Digital Publishing Platform」を賞賛した記事ではない。「Digital Publishing Platform」で作成されたWIREDのiPadアプリが「552.2MB」というファイルサイズになることを取り上げているのだ。

 なぜこんなファイルサイズになるのかというと、「Digital Publishing Platform」はコンテンツをすべて画像にし、iPadでの縦表示用と横表示用の2つの画像を持ち合わせて切り換えて表示するからだという。プラットフォーム非依存にするにはすべて画像にするのが一番確実なのである。詳しくは記事を読んで頂きたい。

 電子書籍では込み入ったレイアウトを扱う場合、選択肢として

丸ごと画像化する

という選択肢は当分はずせないような気がする。「Digital Publishing Platform」だけでなく、日本でもヤッパの「電子雑誌」はフル画像だそうだ。EPUBでもややこしいものは画像にして挿入すればいいのではないか。

 たとえば、EPUBはXHTML 1.1なので表組みはテーブルタグで表示可能である。しかし、ムリしてタグで表組みを作成しなくても、InDesignやIllustratorで表組みを作成してスクリーンショットや画像書き出しして、EPUBに貼り込んでしまう方が早い。テーブル内のテキストも検索対象にしなければならないというのであれば、画像化は諦めるしかないが、そこまで要求しないのであれば、表組みは画像で十分ではないか。

 InDesignからEPUBを作成する方法セミナーの参加者の意見の中には

DTPデータを全て画像化して
完全にレイアウトを再現したEPUBデータの作り方を知りたい


というものもあった。EPUBであってもすべて画像にしてしまうのも1つの方法ではないか。WIREDのiPadアプリやヤッパのように。

 WIREDのiPadアプリはCD1枚に匹敵するほど重いにもかかわらず、もうすこしで10万に届くほどのダウンロードがあったらしいので、電子書籍はファイルサイズの重さは障害にはならないらしい。要するにハードディスクの容量が増えれば、少しばかりのデータサイズの大きさは無視してもいいというユーザーがけっこう多いのだろう。

 EPUBを使用するメリットは、テキスト部分はリフローしてフォントサイズを自由に変更できるということだろう。テキストはユーザーが読みたいサイズにして、レイアウトの複雑な部分だけ画像にすればよい。すべてを画像にして1ページで収まるようにしてEPUBを作成するのはあまり意味がなさそうだが、コンテンツの再利用が難しくなるので選択肢の1つかもしれない。

 InDesign上で画像が重なっているような部分はそのままスクリーンショットを撮影して、EPUBに画像として挿入するのである。そうすれば複雑なレイアウトも再現可能だろう。画像を1ページとして作成し、チャプターを分割しておくと、EPUBでも複雑なレイアウトは可能である。

 InDesignではインラインで画像をテキストに埋め込むのは、あまり便利な方法とはいえない。InDesignでEPUBを書き出すと、段落単位でタグが追加されるので、段落と段落の間に画像タグを挿入するのは簡単である。Sigilで画像をあとから取り込んでパスを指定すれば、どんな画像でも思った位置に貼り込み可能。複雑なレイアウトは「丸ごと画像」手法は、EPUBでも使えるノウハウなのである。




◆これだけでできるInDesignからEPUBの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_epub/


◆これだけでできるInDesignからPDFの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_pdf/

 

 



タグ:InDesign,

posted by 上高地 仁 at 15:27 | Comment(4) | TrackBack(1) | InDesignとEPUB
この記事へのコメント
写真集的なものとか、イラスト集的なもので、
単純なレイアウトならEPUBでも大丈夫そうですよね?
Posted by ウインバレー at 2010年07月28日 15:30
単純だからということではなくて、テキストでない部分は全部画像にしちゃいましょうという話ですね。テキストはリフローさせるとビューワーでフォントサイズを変更できます。
写真集とかイラスト集だと、タイトルとキャプションはテキストにしておけば、モニタサイズに合わせることができます。複雑なレイアウトでもEPUBで大丈夫だと思います。
Posted by jin-k at 2010年07月28日 20:28
写真集やイラスト集をepubにすること自体が間違いじゃないかと思うんです。
結局は画像フォルダをzipにしたものとほぼ変わらない。
テキスト情報がなく、文字組みの自由も無くて固定されてるってPDFとの違いがまったくないような気がします。
大部分はテキスト情報があり、フォントも表示に気を使ってる分PDFの方がいいような・・・
画像満載の300MBのepubってepubの目的から大きくずれてません?
Posted by nopub at 2010年07月29日 02:45
単にEPUBでも画像化すれば複雑なレイアウトも可能だという程度の話です。写真集やイラスト集でコンテンツをすべて画像だけにするのではあれば、おっしゃるとおり、いまはPDFの方が便利だと思いますよ。ただ、電子書籍がこれからどういうふうになっていくのか誰にもわかりません。画像だけのEPUBという選択肢も残しておいてもいいんじゃないかと思っています。いまは、ほとんどメリットはありませんが、将来的に芽が出る可能性はあると思います。EPUBの使い方は、IDPFが決めるんじゃないんです。ユーザーがいろいろな取り組みをして作り上げていくものだと思います。EPUBだからテキスト主体だと決めるのは固定観念だと思いますね。常識はずれの使い方をしてもOKではないでしょうか。
Posted by jin-k at 2010年07月29日 13:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

写真点描・札幌花物語 6
Excerpt:  ぼくが中学の修学旅行でこの「北大植物園」を見学したときは、まわりは平屋の木造民家が多く、それを思い起こせば、隔世の感がありますね。 ここの植物も日本の純正種だけでなく...
Weblog: つき指の読書日記by大月清司
Tracked: 2010-07-31 08:19





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。