iBooksはAndroidでも読めるようになるか?



 ギズモードに「僕が Kindleの電子書籍しか買わない理由」という記事があって、電子書籍の中でもKindleというサービスがピカイチだということが書かれている。Kindleは端末ではなく、デバイスを選ばない電子書籍配信サービスだという意味でピカイチなのである。

  この記事を読んでいて思ったのは、

AppleはiBooksをAndroidで展開するのか

ということであった。いまのところiBooksはiPadとiPhoneのアプリであり、どちらかのデバイスを持っていることが前提となる。しかしKindleはそうではない。端末のKindleを持っていなくても、アマゾンの電子書籍はiPadやiPhoneでも読書履歴を維持したまま読むことができる。Kindleは端末を選ばないようになっている。

 nookやソニーのReaderは端末と電子書籍がセットになっていて、それらは不可分になっている。ただし、バーンズ&ノーブルやソニーもこれからは、他のデバイスでも動作する閲覧ソフトを配布する可能性は高い。

 そうなるとiBooksも、Windows環境のタブレットPCで動作するiBooksやAndroidで動作するiBooksをリリースして、汎用の端末にあるiBooksをiTunesにリンクするようにするかもしれない。どの環境のiBooksもMacintosh版もWindows版でもiTunesにリンクすることは技術的はけっして難しくないはずだ。

 この記事にも書いてあるが、iPodがほぼ独占的に普及したのは、iTunesのWindows版がリリースされたからである。iPodが普及した原因として、日本のジャーナリストはWindows版のリリースの意味を理解していない人が多くて困ってしまうが、Windows版がリリースされなければ、iTunesが独占的に使われることはなかったかもしれない。Windows版があったから、iTunesからiPodへという流れが確立していったのである。

 AppleはMacintoshのオマケソフトしてiTunesをバンドルしたのであり、Macintoshを販売するためには、Windows版をリリースする必要はなかった。

iTunesを使いたければMacintoshをお買いあげ下さい

とは言わずに、無償のWindows版iTunesをリリースした。そのとき既にコンテンツビジネスに参入を目論んでいたのかは、謎である。iTunes、iPod、iPhone、iPadと見事にキャッチアップしてきたAppleの最初の第一歩は、Windows版のiTunesではなかったのか。

 さてそうなると、やはり気になるのは、iPhoneやiPad以外の端末でのiBooksのリリースだろう。iBooksがKindleとがっぷりよつに組んでマーケットのシェアを争うためには、iPhoneやiPad以外の端末も攻めるに違いない。そうなると、iPhoneやiPad版のKindleは風前の灯火かも知れない(そんなことはしないは思うが、Appleならするかもしれないと思われる可能性はある)。

 日本ではKindle vs iBooksの戦いはまたまだ蚊帳の外であり、これからどうなるのか全く先が見えない。

日本のみなさんはどこで電子書籍買ってますか?

と最後に書かれているが、日本では配信プラットフォームすら確立していない。買われているのはiPhone用のタイトル型の電子書籍だけだろう。このままずっとタイトル型が主流になるというようなことはないとは思うけどね。


◆僕が Kindleの電子書籍しか買わない理由[ギズモード]
http://www.gizmodo.jp/2010/07/why-i-only-buy-kindle-books.html


◆これだけでできるInDesignからEPUBの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_epub/


◆これだけでできるInDesignからPDFの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_pdf/

 

 




posted by 上高地 仁 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple/Macintosh/iPhone
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。